Hatena::Groupmanabiai

普通の会社員が自分の学校をつくる このページをアンテナに追加 RSSフィード

自分が目指す幸せな社会を実現するため、理想の学び舎をつくる男のブログです。 社会に対して考えることから日常のくだらないことまで様々なことを書き綴っていきます。  wtjt9858☆gmail.com(☆を@に変えてください。スパムメール対策です。)

2014-02-14

リラックス

| 23:56 | リラックス - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - リラックス - 普通の会社員が自分の学校をつくる リラックス - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

温泉に入りながら日本の伝統文化のよさを感じるまったりした時間を過ごしました。

普段は中々ゆっくりした時間を過ごすこともないので、すごくリフレッシュできました。

おかげで体調もいいし最高です!


しかもうれしかったことがあるのです。

なんと、今まで教育について周りの仲間と話すことはあまりなかったのですが、今回はなんと彼らと教育の話をすることができたのです。

話してみたら彼らなりにもの事を考えているし、なんだか今まで話してこなかったのをもったいなく感じてしまいました。

もうすぐ彼らともお別れだと思うと何だか寂しいですね。

と、これまではあまり関わってこなかったくせにそんなことを思ったりします。




さて、リラックスの後は現実に立ち向かいますかね。

よし。ダメな時は周りの人との繋がりでどうにかしていく。

これを忘れずにやっていきましょう!!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20140214

2014-01-09

いつもありがとう

| 22:25 | いつもありがとう - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - いつもありがとう - 普通の会社員が自分の学校をつくる いつもありがとう - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

kabamen6384さんと夕飯を一緒に食べました。

食事中の会話の大半はくだらない話なのです。

8割、いや、9割はくだらない話しかしないと思います。

この先輩とはそんな関係です。

日常の会話も同じで9割はくだらない話しかしません。

ですが、くだらない話以外の残りの1割の会話が本当に楽しいのです。

もちろんくだらない話も楽しいのですが、本気で語り合う時の楽しさは格別です。

まさ膨大な雑談の中で交わされる、わずかな真面目な話の質の高さが半端ではないのです。



リーダーとはいかにあるべきか。

これまでは見えていなかったリーダーの理想の姿。

学び合い』のセオリーに基づいた組織運営の素晴らしさと難しさ。

リーダーに本当に筆追うな資質とは何か。

ほんの30分の時間だったが会話の内容の密度がとても高いため、3時間も話した後のような満足感を得る。


kabamen6384さんと話い合うと、自分を客観的に分析することができるようになるのも魅力的である。

現在の自分はぶれていないか。信念に向かって進めているのか。

自分をメタ認知できる。


そういった意味でも最高の時間を過ごすことができるのだ。




こういった人に出会えた幸運に感謝しこれからも共に語り合えるよう、

自分自身を高める修行を怠ってはならないと改めて感じます。


「いつもありがとう。」

この気持ちを大切に明日からも生きていこう。

kabamen6384kabamen63842014/01/10 01:07チラ (・ω|

mei-c5mei-c52014/01/10 02:16今、ちょうど「対話」についての本を読んでいて、似たようなことが書かれてありました。
本当に大切なことは、普段の会話の中に潜んでいるそうです。
思えば、フランス革命も、思想家やジャーナリスト、芸術家たちが、カフェでコーヒーを飲みながらさまざまな議論をしたことから始まったんですよね。
nishinaoさんのおっしゃる、人と何気なく話をすることで得られる1割程度の重要なことというのは、実はそれを得るために何時間会議をしても得られないものだったりするような、とても重要なものなんだろうな、と思いました。

nishinaonishinao2014/01/10 21:47kabamen6384さん
思わずお茶噴き出しそうになりましたよ(笑)
面白いことするのは現実世界だけにしてください!笑

nishinaonishinao2014/01/10 21:50mei-c5さん
本当にその通りだと思います。
どんなに堅苦しい場で会議をしてもこのレベルの会話はできないと思います。
だからこそ、膨大な量のくだらない雑談を大切にした組織運営をしていきたいものです。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20140109