Hatena::Groupmanabiai

普通の会社員が自分の学校をつくる このページをアンテナに追加 RSSフィード

自分が目指す幸せな社会を実現するため、理想の学び舎をつくる男のブログです。 社会に対して考えることから日常のくだらないことまで様々なことを書き綴っていきます。  wtjt9858☆gmail.com(☆を@に変えてください。スパムメール対策です。)

2014-07-06

妄想、一括、情熱

| 00:19 | 妄想、一括、情熱 - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - 妄想、一括、情熱 - 普通の会社員が自分の学校をつくる 妄想、一括、情熱 - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

やりたい人が勝手に集まって運営する会社を作りたい!



自分の記事を読み返してみると、どうにも気に入らない表現があったり、伝えたかったことが全然伝わらない文章になっていて凹みますね。

今日もそんな西澤がつらつらとブログを書いていきます。




前から言っているのですが、ブログを書く時間を朝方に移したいのですが、この時間に書く習慣がついてしまっているので難しいんですよね。

けれど、生活習慣を確立するため、少しずつリズムをずらしていきたいと思います。







さて、本日の話題です。

僕は、やりたい人が勝手に集まって運営する会社を作りたいです。

理由は、

自分がそんな会社で働きたいからと、

そこで働く全員が目標に向かって進むことができる最高の環境の整備だと思うからです。



人が自分の能力を最大限発揮できる場は、アメとムチによって管理される場ではなく、個人個人が自分の裁量で周りの人間と共同して目標に向かっていく時です。


有名なTEDのプレゼンですが、ここでダニエル•ピンクは同じようなことを言っています。

「やる気に関する驚きの科学」https://m.youtube.com/watch?v=YcJJYQB0mY0&autoplay=1


また、トフラーも言っているように、これから先の未来には工場生産的な働き方は通用しないそうです。

これらを踏まえて、僕は会社を作りたい。





目標は「1人残らず全員が見捨てられない社会を実現すること。」

「この会社で働く全員が見捨てられず幸せに生きること。」

会社の存続のために必要なことは何かを考え、それを全員で達成する。

目標の達成のために、お金をかせぐことが必要ならばお金を稼げばいい。

オフィスはあるが出社するもしないも自由な会社。

何をしてもいいが、それが目標から外れていないことが絶対条件。

給料はなしで、この仕事をやりたい地域の人などが自由に来てやるのも面白いな〜なんて思っています。

現実的には、そこは起業するメンバーと話し合って決めたいですね。ここがかなりのキーになることは間違いないので。







なーんてことを、一緒に起業しようとしている友人に話したら

「それはユートピア論で現実味が全くないよ。世の中理想だけじゃ食っていけないぜ。そんな状態じゃお前と起業できないぞ。」と言われました。

まだ空想なことは間違いないですが、自分にシステム的に完璧なものを考えついて運営していくことは無理だと思ったので、素直に友人に聞いてみました。

「そうだよな。じゃあさ、お前がおれと一緒に起業したいと思えるにはどうしたらいいかな?おれ1人じゃ絶対無理なんだけどどうしたらいい?」と。


すると、友人は笑いながら「お前のそういうところ好きだわ。ほんと馬鹿だな。」と言っていました。


これだけ素直に自分の力のなさを認められるのが面白いらしいです。

僕は、絶対に彼の力が必要だと思っているので、彼がどうやったら納得するかは、彼自身に聞くのが1番早いと思っただけなんですけどね(笑)


ただ、たしかに分かることは、おれは甘々な若造だということ!

何も知らないから叫べる馬鹿だということ。

でもそれでいいんです。

馬鹿は馬鹿なりに生きていきますし、誰も見捨てたくないという思いだけは絶対にぶれない本物です。

これをぶらさず、素直に常識なんて打ち破りながら生きていけばいいと思っています。





それでもおれは、全員が幸せになれる社会を実現するための会社を作りたい。

全員が幸せに働ける会社を作りたい。

そこには学校という形があるものを作りたい。

そう思います。

それができるのなら、どんなに笑われても馬鹿だと言われてもいいから、最高の仲間と歩んでいきたい。

そこにおれの幸せがあることは間違いないので。


今やれるのは、妄想を一つ一つ現実に変えていくことだけです。

当たり前のことを当たり前じゃない情熱で!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20140706

2014-01-26

影響力

| 23:43 | 影響力 - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - 影響力 - 普通の会社員が自分の学校をつくる 影響力 - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

誰かに影響を与える。いつどんなところで誰に影響を与えているかなんてわからないです。

自分では意識していなかった発言が、ある人にとってはとても影響を与える言葉になっているかもしれません。自分の思いを伝えたら、それが相手の心に残る言葉になっているかもしれません。



今年の夏に参加した合宿型の学生イベントに参加した時のことです。

その時にある参加者の学生と語り合いました。

その時には、今自分がどんな思いで生きているか。自分はどんな将来を思い描いているか。教育で何かできることはないかを考えているか。『学び合い』を学んでいて、この考え方が今の現状で一番ましな考え方であると思っていること。その『学び合い』についての簡単な説明などをしました。

この時は、とにかく自分が考えていることを素直な気持ちで伝えました。普段なかなか話せないようなことまで本気で語り合いました。


彼は、自分よりも2つも年下にも関わらず、本気で自分の将来について考えていました。

本当に熱い人でした。


そんな彼が、実は今も定期的にこのブログを読んでくれていることを知りました。彼があの時に話したことを覚えていてくれて、今でもあの日の語り合いを大切に思ってくれていることを知りました。

僕はまさか彼がそんな風に思ってくれているとは、まったく思っていませんでした。

でも、彼はしっかりと心の中にあの日の言葉を残しておいてくれたのです。

こんなにうれしいことがあるでしょうか。

自分が発した言葉を胸にして自分も頑張ろうと思ってくれていることが、単純にうれしかったです。

だからこそ、彼に負けないように僕も自分を磨いていきたいと思います。

こうやって刺激がし合えることを嬉しく思います。




そして、自分はこれからそうなる機会がどんどんと増えていくのだろうなとも思います。

自分がアクションを起こしていけばいくほど、人と触れ合う機会も思いを伝える機会も増えていきます。そうなった時に、より自分の思いや考えを人に伝えるために「伝える力」を高めていきたいと思います。

それは、対話をする中で高まっていくものだと思いますし、本などの資料から学ぶことでもあると思います。



ただ、自分の中で忘れないようにしたいのは、毎日できることを確実にやっていくこと。

その繰り返しの中で、自分を高め目標へと一歩ずつ確実に歩んで行きたいと思います。

toukonyukitoukonyuki2014/01/27 18:41同感です。自分にできることを確実にやるしかないんですよね。

昨年、ある生徒に「綱引きの綱が余っていたら欲しいんよ」と、言っていたんです。その子は綱引きのチームに入っていて、我が校は握力が弱いのが体力面での課題で…。綱引きの綱って意外と買うには高いから、ダメもとで話していたんです。

そしたら、その子が今日、「寄付できる綱があるから、今度お父さんが持って来ます」と私に言いに来てくれました。

自分が欲する物、望むことを人に話すことって、予想以上に大切なのかもと思います。時に、期待以上のことが起きるんですね…(^_^;)

nishinaonishinao2014/01/28 01:23toukonyukiさん
自分の思いは、人に話してみないことには伝わらないんですよね。伝えなかったら、伝わる可能性はないですが、伝えたら伝わる可能性が0%ではなくなる。
それだけなんですよね。

自分の望むことも同じようなものなんですね。
エピソードとともに分かりやすく伝えてくださってありがとうございます!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20140126

2013-11-01

何だかうれしい

| 23:39 | 何だかうれしい - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - 何だかうれしい - 普通の会社員が自分の学校をつくる 何だかうれしい - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

最近嬉しかったことがあります。

僕には高校1年生の弟が1人いるんですが、その弟が「大学生になったら兄ちゃんと同じ研究室に行きたい。」と言ってくれました。兄として単純にうれしかったですし、少しでも尊敬してもらえていることが嬉しかったです。

弟はどうやら、『学び合い』が教育的にとても魅力的な考え方で、ぜひ自分も学ばなくてはならないと思ったそうです。高校生の段階でこんなことを考えられるなんてすごいですね。ということで、弟には「『学び合い入門書』」と「『学び合い』スタートブック」を渡してあげました。学校の勉強が大嫌いな弟がとても嬉しそうに本を読んでいる姿は何だか面白かったです(笑)


ですが、自分はこんなところでも人に影響を与えることができているのならば、もっと立派な人間にならなくてはいけないな、とも思いました。

この弟が誇れるような兄であり、1人の人間として誇れるような人間にならなくてはいけません。やはり、学び続けなければいけませんね。





さて、明日は岡山県に初進出です。

新しい方たちとの出会いが今からとても楽しみです。明日もいい日になりそうです。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20131101