Hatena::Groupmanabiai

普通の会社員が自分の学校をつくる このページをアンテナに追加 RSSフィード

自分が目指す幸せな社会を実現するため、理想の学び舎をつくる男のブログです。 社会に対して考えることから日常のくだらないことまで様々なことを書き綴っていきます。  wtjt9858☆gmail.com(☆を@に変えてください。スパムメール対策です。)

2014-07-19

バカだけど信念はあります

| 09:15 | バカだけど信念はあります - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - バカだけど信念はあります - 普通の会社員が自分の学校をつくる バカだけど信念はあります - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

この週末は3連休ですね。

世間は久しぶりの3連休に浮き足立っていますね。

みなさんは何か予定はありますか?


僕は大阪に行く予定です。

ですので、かなりの混雑を予想して一ヶ月前から高速バスの予約をばっちり済ませておきました!

やはりできる男は違うな!笑

と、自分で思っていたのですが、昨日驚愕の事実が発覚しました。

なんと、昼の便と夜の便を間違えて予約していました。。



仕事真っ最中の、金曜日14時発の便を取ってしまっていました。

なんとバカなんでしょう。

これで大阪まで行く往復の交通費は3倍となってしまいました。

ふう〜。バカもここまでくると気持ちがいいですね(笑)




ただいま新幹線に揺られております。リッチですね。

今回のおバカ騒動で、講座の残金が69円になったのはここだけの秘密です(笑)











学び合い

自分と相性の悪い人間はどんなに頑張っても救うことは難しい。

と教わって、それを体感して分かっていたはずなのに、いざ目の前にどうしても救えない人が現れると、自分の力の無さに嫌気が差してしまいます。

どうしても、

「自分にもっと力があったら。」

と思ってしまいます。


もし、僕が学び合いに出会っていなかったら、目の前で苦しんでいる人間を救うために必死の努力をし、結果心を病んでいたと思います。

確信的にそう思います。

学び合いに出会っていたからこそ、自分は自分のできることをして、自分には救えない人は他の救える可能性の高い人に繋がりを作ろう。

と思えるのだと思います。

これは、自分を追い詰めないためにとても大切な感覚だと思います。


一見、このような表現をするのは、冷たい人間のように感じるかもしれません。

ですが、その人の一生涯の幸せないし、全員の一生涯の幸せを本気で願った時には、現時点ではこの選択が最善だと思います。

困った時に人の力を借りることのできる力は僕の生きる糧になり、僕が出会う人間たちの生きる糧となる可能性があります。




こう考えると、学び合いの考え方を自分の中に納得して受け入れることのできる人間にとって、生き方を楽にし幸せに生きられる可能性が高まります。



やっぱり僕ができることは、この思いや考え方を教育の枠組みから、社会への繋げていくことなのだと思います。

そんな思いや理由が、僕が起業する理由の一つでもあるのです。

daitouirukadaitouiruka2014/07/30 04:51その人が救われるなら、別に自分でなくてもいい。
救うのが自分でなければ気が済まないのはただのエゴ。
私もその傾向にあってずっと苦しんでいました。
「メサイアコンプレックス」という言葉に出会ってはっとしました。

それに、「自分」や「相手」それから「環境」は固定的なものではありませんよね。
「今の」自分は、「今の」環境で、「今の」相手の助けにはならないかもしれないけれど、いつかそのうちのどれか、あるいは全てが変わったときには助けになるかもしれない。
もちろんずっとならないかもしれない。
助けになる人間になれるよう自分を磨く努力をするのはいいことだと思います。
でも、それが「強迫観念」に基づくものならやはり、苦しいと思います。

nishinaonishinao2014/07/30 23:47daitouirukaさん



>救うのが自分でなければ気が済まないのはただのエゴ。
自分の過去からの思いを振り返ってみると、すべてこれに基づいていたと思います。自分の力で世界が変わり、自分の力で世の中に名を残すことができることが生きる意味だと思っていました。
それが、『学び合い』に出会い、自分以外の力でも多くの力を合わせて目的を達成することができればいい。という考えに触れた時に衝撃を受け、自然とその考えを受け入れていきました。
ですが、今、自分はその狭間で揺れているように感じています。
自分の作る「場所」が形として残り、その場所が他の多くのものと繋がり多くの人々に考え方が広まることによって社会を変えることができると思っています。
直接社会に対して目に見えるものを残すことによって、自分の存在を価値あるものにしようとしています。それよりも、一人でも多くの人々に考えを伝えることの方が意味がるのではとも思っています。

では、社会がどのようになって欲しいかと言えば、「誰も見捨てられる人がいない社会」です。
その実現のために、自分が理想とする場所を作り出すことに力を使いたいと思っています。
その道を進むために必要な多くのことを学び、多くのものを得るために今の職場で働いています。ですが、今の職場で働いていることで自分が欲しかったものを手に入れられているのかが分からなくなってしまっています。

それでは自分がどうしたいのかが分からなくなってきます。
見えていたはずのものが見えなくなります。
自分の思いがどれだけ弱かったものなのかに気付かされます。
本当に実現したい思いがあるのならば、勝手に行動する。という言葉にも脅迫察れていると思います。
このような思いになってくると、自分で自分に脅迫しているようなものです
。自分からかけられる強迫観念にやられてしまっています。
何も救えない自分に嫌気がさしてきます。自分の向かう先が分からなくなっている自分に嫌気がさしてきます。目標に向かって行動できていない自分の思いの弱さが嫌になってきます。すると、目の前のこと全てが分からなくなってしまいます。

目の前の事に集中して善良で情熱を持って取り組んだら、それだけで楽しいような気もします。自分は今の環境を生かきれていないと思っています。
今は先を見るよりも、目の前のことに情熱的に取り組みたいのかもしれません。そして、それこそが先に繋がってくるのかもしれません。
そう思えたら、なんだか楽しくなってきました。


とりとめもなく思いを書き散らしてしまいすいません。
書きながら自分で勝手に納得して楽しくなって来てしまいました。
大切なことに気が付く機会を与えてくださってありがとうございました!
弱くて未熟な人間ですが、これからもよろしくお願いいたします。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20140719

2014-07-14

当たり前だけど、当たり前が大切

| 22:52 | 当たり前だけど、当たり前が大切 - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - 当たり前だけど、当たり前が大切 - 普通の会社員が自分の学校をつくる 当たり前だけど、当たり前が大切 - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

〜ます。

とか、

〜です。

ばかりで終わっている文章って、あんまりパワーを感じませんね。

昨日のものを読み返して思いました。



一時期、自分の文章を読み返すのが嫌な時期がありました。

ブログを書き続けるのが辛くて嫌気が差していたからです。


今は、何とかそんな時期を突破して毎日書くことが当たり前になってきています。


何かを続けることが苦手だった自分。

そんな自分が、ほぼ毎日ブログを書き続けることができている。

これは奇跡的なことです!

鯉が滝を登るくらい凄いことです!

まさに登竜門を登っている感覚です!!




今は、続けることだけに必死になっていた自分から、どうやって自分の思いや楽しさを伝えることができるのかを考えて文章を書けるようになってきてます。

いきなり如来にはなれないように、まずは羅漢になろうと頑張っている若造です。

未熟な子供が試行錯誤の中で成長している様なものです。

こんなんですが、よかったらこれからもお見守りください。



















今日テニスを始めたのですが、あれは難しいスポーツですね。

全然打てないしできている感覚がないんです。

でも、練習をしていくうちに上手くなるのも実感できます。



サーブが打てるようになってきた。

ラリーが返せるようになってきた。

スマッシュが打てるようになってきた。


プレーの結果がすぐに出るのでとても分かりやすいです。

失敗するにしても、成功するにしても結果がすぐに出ます。

悪かったなら改めて、上手くいったなら自信を持って続けていく。

それだけでいいんです。

久しぶりにスポーツをしたせいか、すごく楽なことに感じました。


だって、これが教育やカウンセリングだとできないんですから。




自分がどんなことをしていても、それがいいのか悪いのかがよく分かりません。

人によって言うこともやっていることもバラバラです。

また、自分の姿をフィードバックして客観的に意見するのも難しいです。

しかも、すぐに結果が出ません。

相当悪かったことをすれば、悪い結果は出ますが、いい結果はすぐには出ません。

これでは何が正しくて、何が間違っているのか分かりません。


これは、正解や真実を求めて、それを誰かに教えてもらおうと思う姿勢とは全く違う次元の話だと思います。

どんなに学べども、どうしたらいいのか分からない中で少しでもよいものを探し求め、貪欲に高まっていくしかありません。



ですが、現実には目の前で苦しんでいる多くの人たちがいます。

自分ができることに限界を感じながら毎日を生きるしかありません。

自分には救えない人を救いたい時には、自分の力を高めるか、誰かの力を借りるしかありません。



あ、自分成長してるな。

と思える結果が出なくとも、誰かの力を借りて相対的に苦しんでいる人たちの幸せを願い実現できればいい。

そう思って自分を高めることと、他の人の力を借りる力のどちらをも高めていくことが、本当の意味での自分の成長になるんではないかなと思います。




結果、たどり着く考えはこれです。

今日もできることは、当たり前のことのみ。

求めるのではなく、目の前に全力を尽くすこと。


ただそれだけです。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20140714

2014-07-08

「これでいいのだ〜♪」

| 00:11 | 「これでいいのだ〜♪」 - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - 「これでいいのだ〜♪」 - 普通の会社員が自分の学校をつくる 「これでいいのだ〜♪」 - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

「これでいいのだ〜♪」


こんな言葉をどこかで聞いた気がします。バカボンですっけ?おそまつくんですっけ?

分かりませんが、パパが言っていたと思います。




「相手から感謝されることや、ほめられることは不要である。貢献感は自己満足でいいのだ。」


アドラーのこの言葉を読んだ時に、「これでいいのだ〜♪」

が頭の中に出てきました。

全部を難しく考えていた気がするんです。



目の前にいる人が何を望んでいるのかを考えて、自分ができる貢献をするだけで十分じゃんと思いました。

自分ができる以上のことはできないのだから、自分が持っているもので最大限やれることをやればいいじゃないかとも思いました。


ただ一つだけ変えるのは、自分が持っているものを最大限発揮する努力をすることです。

会議で黙って聞いている、先輩に言われたことに反抗しないで黙って聞いていることを変えていこうと思います。

自分の思いや考えがあるのに黙っているのは、集団に所属していないも一緒です。

驕らずしたたかに声を発したいと思います。

もう、黙っていることはやめます。

小さなことだけど、ここから変えて世の中変えます。



失敗したら次は失敗しないように考えればいいさ。


これでいいのだ〜♪

scorpion1104scorpion11042014/07/09 05:17したたかに声を発するという点ですが
全否定を頭から言うと、感情的に入ってしまいかねないので
共感する部分を冒頭に必ず入れて、
「一点だけ」ということで指摘するのがいいかもしれません。
あくまでも、あなた方と同じ立ち位置なのですということを強調できたら
余計な摩擦は生まれないと思います。

そんなことは、したたかにできるかも知れませんが…(*^_^*)

nishinaonishinao2014/07/10 08:34scorpion1104さん
なるほど!感情的になってしまわないために、そんな方法があるのですね!!
いつも大切なことを教えていただいてありがとうございます!

共感して同じ方向を向いていることを強調できることで、自分も相手も感情的にならずに済むということですね。
それを意識して、謙虚さと熱意を併せ持って発言していきたいと思います!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20140708

2014-07-02

当たり前じゃない情熱で。

| 18:20 | 当たり前じゃない情熱で。 - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - 当たり前じゃない情熱で。 - 普通の会社員が自分の学校をつくる 当たり前じゃない情熱で。 - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

どうも更新未遂が多くていけませんね。


当たり前のことを当たり前じゃない情熱で。




大切なことを忘れていた気がするんです。

組織のダメだと感じる点。よくない風習。それらを改善していこうとすることに意識を向けている日々でした。

でも、大切なことはそんなところにはありませんでした。

大切なことは、今の自分ができることに情熱を傾けること。

誰かのためになることを、他の誰にも真似できない情熱で行動すること。

ただそれだけでいいんですよね。



もっとシンプルに、自分の持てる力で行動していくだけでいいじゃないか。


何かを与え続けることで、何かを与えられる人間になれる。

そうだよ。できることはもっとある。

小さなことを情熱で積み重ねていこう。



当たり前のことをあたりまえじゃない情熱で。

mei-c5mei-c52014/07/03 03:27ダメなところを改善する、という考え方はとても楽です。
なぜなら、ダメなところは見えやすいから。
わたしは、いくら意識していてもこの考えに陥ります。

それから、良いところを伸ばしても、結局ダメなところはダメなまま、と思いがちだけど、案外そんなこともないということを最近実感しました。
それは、良いところが伸びてたくさん目につくようになれば、気にならなくなったり自然消滅をしたりする場合もあるからです。
nishinaoさんの前向きな力や楽しむ心があれば、きっと良いところがどんどん伸びていくんだろうな、と思います。

nishinaonishinao2014/07/04 01:05mei-c5さん
〉ダメなところを改善する、というかんがえはとても楽です。
たしかにその通りですよね!自分は自動的にそんな思考になっていたんだと思います。

mei-c5さんの考え方や生き方は尊敬します。mei-c5さんの考え方に触れることができるからこそ、僕もこのように考えて行動できているのだと思います。
いつもいつもありがとうございますm(_ _)m

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20140702

2014-06-30

記録をすること

| 22:51 | 記録をすること - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - 記録をすること - 普通の会社員が自分の学校をつくる 記録をすること - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

書き終わった日記を間違えて消してしまって泣きそうな西澤です。。。

これはもう一度書き直した記事でございます泣




自分のおっちょこちょいさを受け入れつつも書き記していきたいと思います。。






3つ目は記録をつけることです。

自分の生活習慣週間表を書き、自分の1日の生活を振り返ります。


これをするメリットは、何と無くしか感じていない自分の生活を可視化できることです。

時間がないと思っている日常にも、実はなんとなく過ごしてしまっている時間がたくさんあります。

それを知ることができます。

また、1、一緒にやる、と組み合わせる行動習慣を探し出すこともできます。

可視化することによって見えてくる意外な生活習慣があって、けっこう面白いです。自分のことなのに、分かっていなかった発見がたくさんあって意外に楽しいもんです。

この生活習慣表の記録は最近始めたのですが、かなり有効に機能しているのでオススメです。




小さなことを積み重ねるのって、かなりの気力が要ります。

が、こんな小さな工夫をするだけで当たり前の行動になって、大変なことではなくなってきたりします。

今の自分だけでなく、スポーツをやっていた自分、受験勉強をしていた自分にも教えてあげたいくらいです。

昔は小さなことの積み上げの大切さが全く分かりませんでしたから。










この3つで、ぐーたらな僕でも小さなことを毎日続けることができています。

大きなことを成すために必要なのは小さな行動の積み重ねなんですよね。

若いうちから、この大切さを知れたことに感謝です。


僕は今日もこの3つを意識しながらできることをやっていきます。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20140630

2014-06-29

忙しい毎日の中でもやり続けられるわけ

| 21:42 | 忙しい毎日の中でもやり続けられるわけ - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - 忙しい毎日の中でもやり続けられるわけ - 普通の会社員が自分の学校をつくる 忙しい毎日の中でもやり続けられるわけ - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

たま〜に、全てを忘れて漫画を大量に読むことでストレスを解消している西澤です。

今日は珍しく何も予定がないので、自分の気持ちをリフレッシュさせる日にしようと思っています。

昨日の昼間に借りてきた、ジョジョの奇妙な冒険第五部を読み漁ろうと思っています(笑)


ジョジョを読み返すのは三度目なのですが、何度読んでも面白いし新しい発見がありますよね。









昨日の続きをメモしていきます。

基本的にぐーたらな自分が、小さなことを毎日こつこつできる理由その1は一緒にやるでした。




今日はその2、モデルがすぐ近くにいるです。


これは言葉の通りです。

僕の近くには、理事長という、毎日とんでもない生活を送っている人間がいます。

睡眠時間は毎日3時間。休日はなく、休むことなく働き続けている人です。

どう考えても異常な働き方をしています。普通の人間がやったら体を壊し倒れます。

世の中にはこんな人もいるんだな〜、と思いました。目指すべき目標として近くにいてくれることは、本当にありがたいです。

ただ、これと同じやり方をしていたら体が持ちません。

そこで、この人の生活の中で大切な要素は何だろう、と観察してみました。

睡眠時間が3時間なこと?

休みなく働き続けること?


いいえ。

大切なのは完璧な生活習慣と密度でした。

睡眠時間が3時間なのは、2時に寝て5時に起きる生活習慣が確立しているからです。

休みなく働き続けているのは、1日の中に休日の時間を設けているからでした。

どういうことか。1週間単位で休日を考えるのではなく、1日単位で休日を考えているからです。

24時間を分割して考えてみます。

睡眠時間を6時間取るとしましょう。

会社に勤めている人であれば1日8時間働きます。

食事、トイレ、風呂の時間を考えたら3時間というところでしょう。

合計17時間。

1日は24時間あるので7時間のフリータイムがあります。

この時間に自分の好きなことや、夢に向かって行う活動をすればいいのです。

職場がブラックで12時間労働だったとしても3時間ほどある時間を意識的に使うことによって、自分の夢や目標に近づいていきます。

休日も仕事の時間を自分が好きなことをする時間8時間として使い、残りの7時間を夢や目標に向かう時間として活用することで、しっかりとリフレッシュもでき、毎日目標に向かい続けることもできます。



成功している偉人たちは時間の使い方がきっちりしていて非常うまかったのです。

正確な生活習慣こそが目標の達成には不可欠な要素なのだと思います。





このように、近くにいいモデルがいることによって、毎日刺激を受けながら生活することができていることが、小さなことを毎日続けることができている理由の一つです。








さて、明日は、3、記録をつける、をメモしていきたいと思います。

本日は8時間を使い、読みたかった漫画42冊を一気読みした西澤がお送りしました〜(笑)

それではまたあした〜

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20140629

2014-06-28

忙しい毎日の中でも、やり続けられるわけ

| 02:15 | 忙しい毎日の中でも、やり続けられるわけ - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - 忙しい毎日の中でも、やり続けられるわけ - 普通の会社員が自分の学校をつくる 忙しい毎日の中でも、やり続けられるわけ - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

忙しい毎日の中でも、やり続けられる理由




お久しぶりです。

苦しいことは大嫌い、楽で楽しいことが大好き西澤です。



社会人になって早3ヶ月。

あまりの時の流れの速さに驚愕しております。

毎日の業務に追われ、仕事はどんどん溜まっていきます。

仕事が終わって帰宅すると、疲れですぐに眠たくなってしまいます。

そんな忙しい毎日の中では、自分がやりたいと思っていることも中々できません。

そうなると、自分の将来の目標を忘れ、今ある仕事だけに集中せざるを得なくなります。


僕はまさにそうです。

基本的にだらだらするのが大好きで、自分の好きなことをできる時間を何よりも大切にします。



ですが、そんな基本ぐーたらな僕が今、忙しい毎日にてんてこ舞いになりながらも、小さなことをやり続けることができています。

今日は、そんな僕が、小さなことをやり続けられている理由3つをメモしていきたいと思います。




その1、一緒にやる

その2、モデルがすぐ近くにいる

その3、記録をつける




その1、「一緒にやる」

一つ目は一緒にやることです。

どういうことか。

つまり、習慣化している行動とセットで行うようにしています。

例えば、朝起きたら顔を洗うという習慣化された行動と一緒に何かをします。

僕の場合、朝起きたらトイレに行く。

という行動習慣があるので、その時間にメールなどの返事をするようにしています。

トイレという行動習慣とメールの返事という作業をセットにしてしまいまうことによって、次第に、「トイレ+メール返信」が行動習慣となります。

これと同じ様なことを少しずつ増やしていきます。


僕は今、事務の方が毎朝やってくれていた、お湯沸かしとお茶作り、全職員のコップの準備をしています。

正直、めんどくさくて大変です。

自主的にやり始めたこととはいえ、始めの頃は、やめちゃおうかな〜と思っていました。

そこで、行動習慣と一緒にやることにしました。


出勤してすぐにデスクに向かい、パソコンの電源を入れることが習慣になっていたので、そこと組み合わせることにしました。


と言っても、デスクと給湯室には何

の関係もありませんよね。

そこで注目したのが、デスクに置いてあった「ある物」

何だと思いますか?















そう、僕が着目したのは歯ブラシ。

今までは家でしていた歯磨きを、早く出社してやることにしたのです。

歯磨きをするなら、必然的に水道のある給湯室に行かなくてはなりません。

また、歯を磨いている間は左手がフリーになります。

その左手でお湯を沸かしたり、コップの準備をするようにしました。

すると、今となってはこの行動は習慣となり、めんどくさいことでは無くなりました。


このように、小さなことを習慣と組み合わせて一緒にやることで、行動し続けることができました。

他の行動も全て一緒です。

些細なことを習慣と組み合わせることによって、めんどくさくなくなりました。


小さなことからしか、何かを変えることはできません。

それは自分の行動習慣もしかりです。

小さなことから変えることで、自分も変えることができると思います。







その2、モデルがすぐ近くにいる、はまた明日にしましょう。

それではまた明日〜

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20140628

2014-06-26

大切な信念

| 19:35 | 大切な信念 - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - 大切な信念 - 普通の会社員が自分の学校をつくる 大切な信念 - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

自分が楽しいと思えることをする。

自分が楽しいと思える組織を作る。

それに加えて大切な概念を見つけました。

正確には、気づかせてもらったというべきだと思いますが。


それは、「自分の子どもをこの組織に入れたいか」という概念です。



学校を作るにしろ、会社を作るにしろ、自分の子どもをどうしてもそこに行かせたいと思える組織を作りたいと思いました。

自分の子どもを入れたくないと思うような組織は、どんな親だって入れたくありません。

自分の子どもを自信を持って通わせることのできる組織を運営します。



それが、自分が大切にする新たな芯であり、信念だと思います。






さて、今日はカウンセリングのお勉強です。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20140626

2014-06-16

カウンセリングの守破離

| 23:58 | カウンセリングの守破離 - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - カウンセリングの守破離 - 普通の会社員が自分の学校をつくる カウンセリングの守破離 - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

カウンセリングの心で大切にしていこうと思えたもの。


認知行動療法と解決思考ブリーフセラピー。

これらは自分のこれまでの人生観に凄く合っている。

つまり順応しやすい。



守破離を大切にするならば、今自分が学ぶべき守は、この2つ。

まずはセオリー通りにやってみよう。

端から端までセオリー通り。

それは悪いことではなくて、次の段階に進むために必要不可欠なこと。


目の前にいる子たちの幸せのため。

できること。できる技術は高めていきます。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20140616

2014-06-09

類は友を呼ぶ。うん、その通り。なら・・・

| 20:26 | 類は友を呼ぶ。うん、その通り。なら・・・ - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - 類は友を呼ぶ。うん、その通り。なら・・・ - 普通の会社員が自分の学校をつくる 類は友を呼ぶ。うん、その通り。なら・・・ - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

面白い人の周りには面白い人が集まる。

いつも笑顔の人の周りにはいつも笑顔の人が集まる。

楽しそうな人の周りには楽しそうな人が集まる。

熱い人の周りには熱い人が集まる。

悲しそうな人の周りには悲しそうな人が集まる。

苦しそうな人の周りには苦しそうな人が集まる。

辛そうな人の周りには辛そうな人が集まる。


自分の周りにいる人達は自分の姿に似た人が集まっている。

ならば、

悲しい時でも「楽しそうに」

苦しい時でも「笑顔で」

辛い時でも「幸せそうに」

生きることができたら

それを見た人たちが集まってくるんじゃないかな。

あ、あの人は楽しそうな人だな。

あ、あの人といたら面白そう。

あ、あの人は幸せそう。

そう思って貰えたら

自分の周りの環境が

自分を

さらに楽しく

変えてくれるんじゃないかな。



あの人はいつもきらきらして楽しそうで幸せそう。

そう思ってもらえたら

自分の周りには。

最高の仲間が溢れているでしょ。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20140609