Hatena::Groupmanabiai

普通の会社員が自分の学校をつくる このページをアンテナに追加 RSSフィード

自分が目指す幸せな社会を実現するため、理想の学び舎をつくる男のブログです。 社会に対して考えることから日常のくだらないことまで様々なことを書き綴っていきます。  wtjt9858☆gmail.com(☆を@に変えてください。スパムメール対策です。)

2015-01-24

2日坊主にはなっているらしい

06:21 | 2日坊主にはなっているらしい - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - 2日坊主にはなっているらしい - 普通の会社員が自分の学校をつくる 2日坊主にはなっているらしい - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

坊主生活?笑

2日目に突入しました。



ではここで、

なぜ今回は5時半に起きて

ヨガをして

ブログを書いて

ウォーキングして

読書をして

各省庁の答申を読んで

朝ご飯を食べて

出勤し

書類系の仕事を出勤前に全部終わらせ

午後6時半には退社する生活を送ることを決めたのかの話を少し。







僕が10月頃にこれに似た生活サイクルを確立しようとしたのは、

もちろん優れた教育者・経営者になりたかったからに他ならないです。


けど、それより大きな目標が一つ。




うちの理事長長岡を徹底的に「パクろう。」と決めたから。









パクるというと語弊が大きいかもしれんません。

正確には、

思考習慣や生活パターンなどを「完全に自分のものにする。」ためです。


























偉大な師は僕に守破離の大切さを語ってくれました。



とにかく、今は自分の中に様々な

「型」

を取り入れたいのです。










学び合い』に対して「まし」だと思っている自分は、教育活動に携わるとき、必ずと言っていいほど、この考え方のもとに動きます。

たぶん、僕の中に『学び合い』は方になるほど自然に入り込んでいます。


だから、僕は次の型を求めるのです。








「一人の教師の絶大な力こそ、生徒や子供を成長させることができる。

教師が先導して何かをして、そこに子供がついて来れば、それで生徒や子供のレベルは自然と引き上げられている。」

これがうちの理事長に聞いた、基本的な考え方。




これは僕の考えとは正反対と言ってもいい。

なぜなら、僕は生徒に任せないと、一生涯を考えた時の本質的な成長にはならないと思っているから。

カリスマ教師がいなくなったら、その生徒たちはどうしていいかわからなくなってしまう。

だから、より強力な生徒集団を作ることの方がはるかに大切なことである。






これだけ違う認識をしている人の、そこまでたどり着くためにしてきた学びや、現在している学びをパクり、自分のものにしていく。

そうして、僕はまた新たな型を手に入れたいのです。










そのために、まずは理事長が送っている生活サイクルをまねました。

いや、まねようとしました(笑)


けど、難しかった。




だけど、そんな僕が今回はある秘策を使って、自分が継続できるであろう可能性を高めました。

まだ2日ですが、かなり自分に合ったうまいサイクルなのではと思っています。

いったいそれは何なのか。






















明日のタイトル

「社会心理学を使い、継続力を高める」


お楽しみに。

ogymogym2015/01/25 00:355時に集会をする早起き会が全国組織で各道場あるそうで、誘われたことあります。そうした仲間活用も方法かもしれません、と思いました。

nishinaonishinao2015/01/26 06:55ogymさん
そんな組織があるのですね!
確かに、それを利用したら効果が高そう。いい情報をありがとうございます!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20150124