Hatena::Groupmanabiai

普通の会社員が自分の学校をつくる このページをアンテナに追加 RSSフィード

自分が目指す幸せな社会を実現するため、理想の学び舎をつくる男のブログです。 社会に対して考えることから日常のくだらないことまで様々なことを書き綴っていきます。  wtjt9858☆gmail.com(☆を@に変えてください。スパムメール対策です。)

2015-01-31

『学び合い』授業初実践

15:38 | 『学び合い』授業初実践 - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』授業初実践 - 普通の会社員が自分の学校をつくる 『学び合い』授業初実践 - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

やってきました。

学び合い』の考え方による授業。

結果は・・・























課題未達成ながらも、衝撃の結果。

まさかの行動や発言が溢れすぎていて、

驚きと感動の連続でした。

その詳細をかいつまんで記録していきます。






~条件~

・生徒:17名(その日の授業に出席していた生徒の数。通い方が違う生徒と、その日の授業に出席できなかった生徒を含めると20名)

(生徒は、朝から投稿できる生徒は少なく、授業途中で参加したり、一日目はいなくて、二日目だけはいる生徒も多数います。)

年齢は14歳から41歳まで。

・時間:一単位時間50分(11時20分から12時10分)の授業を2回。

・上司から与えられた課題:外部講師の先生方5人に感謝の手紙を書く。



これが今回の授業をするにあたっての条件でした。















目標:ここにいる全員が「受け取った相手に感謝の気持ちが伝わり、感動する手紙を書いて、スタッフを含めた5人以上にサインをもらい、清書をすることができる。」

環境:手紙の書き方の掲載された本などが5冊ほど。ネットに接続されたパソコンが5台。スマホや携帯の使用可能。



このようにして授業は開始しました。







まずは語り

5分ほどパワーポイントを用いて語りをしました。

目標の提示

ここにいる全員が「受け取った相手に感謝の気持ちが伝わり、感動する手紙を書いて、スタッフを含めた5人以上にサインをもらい、清書をすることができる。」

願い

一人も見捨てない(自分ができたら終わりではなく、全員ができるように。できない人がいたら、それは全員の責任。)

・チェックをする側の人は、自分がその手紙をもらって感動したらサインをしてください。

また、文章の間違い等あったら指摘してあげて下さい。

パソコン、スマホ、本、知ってる人に聞く等どんな手段を使っても構いません。

・もちろん、席の立ち歩きなど完全自由。

・期限までに目標を達成できれば、どんな要領で進めてもよいです。

・誰かの力を借りて目標を達成しても、それは結果的に自分の力なので、存分に使ってください。


では、どうぞ。














・・・結果は達成者5人。

未達成者15人。ほとんどの生徒が課題を達成することが出来ませんでした。

これは、明らかにこちらの課題設定ミスです。

今回の課題はとても90分間で終えられるような課題ではありませんでした。

そこは生徒に素直に謝りました。


結果は出ませんでしたが、最後の語りではこんなことを語りました



「今回は結果がでなかった。だけど、君たちの一人も見捨てずに全員達成しようとする姿は素晴らしかった。たぶん、今回の活動を疑問に思っている人もたくさんいると思う。分かってくれている人も2割くらいはいると思う。なぜ、おれが全員達成と一人も見捨てないことを求めるかといえば、みんなにとってそれが『得』だから。一人を見捨てる集団は安心して生活できる集団ではない意と思う。それは、次は自分が見捨てられるかもしれないという不安を抱えながら毎日を過ごさなくてはならないから。誰かを見捨てず、ここにいる全員が安心して生活できることが幸せなのではないんだろうか。たぶん、今まで仕方がないと思って、見捨ててしまっていた人間がいることを突き付けられて、それが苦しい人もいると思います。だけど、それがこの集団の真実であり、これから自分たちが何をしていけるのかを考えるためのスタートラインに立ったのだと思います。おれの授業は月に2度ほどしかありません。だけど、おれは

みんなに一人も見捨てないことと、全員達成することを願い続けています。

次、どうしたらいいか。これから何ができるのか。それを真剣に考えてみてください。疑問や不満や聞きたいことなどあれば質問してきてください。数々の研究結果と理論でお答えします。これも、全て、おれがここにいる全員に一生涯幸せに生き続けて欲しいから。だから、真剣に語り続けるし、求め続けます。期待しています。」








もっといい語りがあった気がしますが、今の自分にはこんなとこが精一杯でした。

さて、それでは僕が驚いた彼らの行動や発言を以下に記していきます。









まず、前提として確認しておきたいのが、彼らは人と関わることに苦手意識を持っていたり、トラウマを持っていることです。彼らは就労することや通学することに疑問を感じてこの場所にたどり着いています。

わが学園は、そんな彼らと、集団生活の中で少しづつその苦手を克服し、トラウマを癒していく。そして、精神的な自立と経済的な自立を目指していこうとしています。


そんな学校ですので、基本的に人と関わることを避けようとする傾向のある人間が多くいます。誰かのために行動することに疑問を感じる人もたくさんいます。自分の世界にこもっていた期間が長ければ長いほど、その傾向は強く表れます。

そんな彼らとの生活では、農業や体を動かす活動を通じて少しづつ集団を意識させていくのが鉄則です。

効率の学校生活に疑問を感じ、その世界に背を向けてきた彼らに、座学での活動で、しかも他人と関わらないと進まない活動を求めることはご法度です。

何が起こるか分からないから、普通の職員は絶対しません。



なので、彼らには、『学び合い』的な考え方のベースがほとんどない状態で毎日の生活が行われているため、初めの語りをした時にはほとんどの生徒が、ぽかーんとした顔をしていました。

「うちらにそんな活動を強いるのか?」と言わんばかりの顔です。



「このまま『学び合い』をしたらこの集団は壊れてしまうんじゃないか?」

正直、語りをしている途中にそんな思考も働いてしまいました。

が、僕はこの1年間彼らと関わってきて、彼らなら絶対にできると確信していたので、信じて突き進みました。



「どうぞ。」

と言ってから、誰も動かないまま1時間が終了してしまうのではないかと不安に感じていた矢先、その不安はすぐに解消されました。

すぐにパソコンに向かって調べ物をしにいく生徒。

開始10分くらい経っても何も書けていない生徒に対して、説明しに回る生徒。

名簿にチェックしていけば、誰が達成しているか分かりやすい。と言って、名簿に丸をしていく生徒。

人に聞くのが苦手なはずだと思っていた生徒が、わからないところを一回り以上年上の先輩に聞きに行く姿。

「さっきの尚輝さんの説明わからなかった人いない?」と大きいとは言えない声で全体に呼びかける生徒。

「明日学校に来れない人いたら、今のうちに言って~。今日のうちにやり切っちゃおう。」と呼びかける生徒。




予想外の光景が広がる教室。

これは本当にみんななのだろうか。いつもと違う人なんじゃないかと疑う程の光景でした。

学び合い』開始1時間目での驚異の動き。こんな姿見たことがない。

大学時代に多くの学級を見てきたけど、1回目からここまで動ける集団は見たことがなかったので、本当にびっくりしました。

彼らはとんでもないパワーを持っています。

僕らが今までしてきたのは、彼らの力を押さえつけていただけなんだと痛感させられました。

しかも、驚いたのは、この集団にはいじめはないのです。

学び合い』をしてもそれはう浮かびあがりませんでした。

そこには本当に驚きました。

しかも、一番驚いたのは、2単位時間では絶対に間に合わないと感じた彼らは、自主的に休み時間や放課後の時間に残って、協力して課題達成に向けて活動していました。

次の日に登校できないことが事前にわかっている生徒は、夜のうちに手紙を書きあげて、友人にそれを託し、翌日は不在ながらも課題達成のしていました。

そんなことをするわけがないと思っていたので、僕は本当にびっくりしました。

また、2日目に学校に来れなかった生徒(普段から毎日投稿できる生徒はあまり多くないのがうちの学校です。)には、教室にいる生徒が電話やメールをして、下書きの原稿を受け取って、全員達成に向けて活動しました。

まさか、ここまでやるとは。僕は本当にびっくりしました。


あんなに、「何で誰かのために自分の労力を使うとか意味が分からいない。」と言っていた生徒が、休んだ人の分の課題を達成するために、一生懸命に動いていました。



とにかく、感動の嵐でした。

奇跡の映像がそこには広がっていました。





が、もちろんうまくいっていないこともあります。

やはり、人に話しかけることができない生徒が、ずっとフリーズしたまま助けを求めることが出来ませんでした。そこに助けに行くけど、助けに行き過ぎて、自分の課題を達成できない人もいました。

また、一番大きなこととして、今まで見て見ぬふりができた、学校になかなか来れない生徒を自分たちが無意識のうちに見捨ててしまっていた事実を知って苦しくなる生徒も多くいました。



授業が終わった後、

「僕は○○こと見捨てていたことに気が付きました。自分には関係ない。仕方がないんだと思っていました。」

「私たちは、農業などで活動していると、楽しくみんなで活動するけれど、スタッフさんたちがいない時になると、まるで駅のホームにいるみたいな関係だったんです。同じ電車に乗るのを待っていて、進む方向は一緒なのだけれど、赤の他人みたいで、みんな別々のことをしている。本当に気持ち悪かったんです。でも、それは仕方がないことだと諦めていたんです。けど、この授業をして、その事実を突き付けられたし、これは自分たちで何とかしていかないといけないことなんだと感じさせられました。」

このように言ってくる生徒もいました。


また、「あの結果に満足してるんですか?もし、あの活動に達成できなかった人への罰ゲームをつけたら一瞬でいじめになりますよ。あなたはそれが分かってこの活動したんですか?」と言ってくる生徒もいました。





「一回しかやっていないのに、何でこんな本質的な質問をしてくるんだ?」

僕は本当にびっくりしました。

だけれど、これこそが、彼らが普段から抱いていた思いだと知りました。

様々な現実を見せつけられて、僕も少し辛くなってしまいました。




ですが、一番うれしいことがありました。

「僕は尚輝さんの願いをこの場所で叶えたい。そのために何ができると思いますか?」と聞いてきてくれた生徒がいました。


あぁ、本当に2割の人には強烈に思いが届くのだと思いました。

この集団は確実に変わる。この2割がいれば変わると確信しました。

全員の一生涯の幸せを願う集団になれると思います。




だって、授業が終わった後も、放課後の時間にぎりぎりまで残って、全員達成のために活動し、残り1人以外が提出するまでになったのですから。その一人も、明らかに感動しない手紙を書いてしまい、ほかのみんなからのチェックの段階で、「こんな手紙じゃ感動しないよ。書き直さないと相手に失礼だよ。」と言われた、2日目欠席してしまった生徒でした。

また月曜日に学校来てみんなで相談しながら手紙書こうよ。学校で待ってるよ。」といったメールも送ったそうです。











まとめ方が下手ですいません。

よくわからないところは質問してください。

丁寧にお答えいたします。











今回、不安ながらもやってみて、世間一般に、引きこもり・社会不適合者と言われてしまっている人間の方が、普通に社会生活をしている大人たちより、ずっとパワーのある優秀な人材なのだと確信しました。

この場所でも『学び合い』はできます。普通よりもすごい結果が出ます。

これは研究にまとめた方がいいかもしれません。

僕には、どうやってまとめたらいいか分かりません。誰か教えてください。

scorpion1104scorpion11042015/01/31 19:47その生徒さんたちを特別な人たちだと思っている人には、同じことをしても同じ結果にはなりませんよ。

『僕はこの1年間彼らと関わってきて、彼らなら絶対にできると確信していた』
この気持ちが、生徒さんたちに十分動くエネルギーを与えていたと思うし、nishinaoさんが活動の邪魔をしないって始めに理解できたのだと思います。信頼関係の上で安心して動けたのだと思いました。

固まっている人だって、外から見えないだけで気持ちは動いているんです…。(^.^)
後日、聞いてみてくださいね。

人間関係がうまくいかない自分を十分しっているからこそ、相手の気持にも敏感になるのかもしれませんね。

nishinaoさんが、
(その気持ちを出していいんだよ。今。ここで。あなたが考えていることをな~~~んも心配ないから…)
という表情と声と動きでと皆さんの背中を押してあげたのだと思います。

1年間、本当に頑張ってこられましたね。
素晴らしいです。

研究のまとめ方は・・・わかりません。ごめんなさい。

ogymogym2015/01/31 22:28>>「私たちは、農業などで活動していると、楽しくみんなで活動するけれど、スタッフさんたちがいない時になると、まるで駅のホームにいるみたいな関係だったんです。同じ電車に乗るのを待っていて、進む方向は一緒なのだけれど、赤の他人みたいで、みんな別々のことをしている。本当に気持ち悪かったんです。でも、それは仕方がないことだと諦めていたんです。けど、この授業をして、その事実を突き付けられたし、これは自分たちで何とかしていかないといけないことなんだと感じさせられました。」
非常に的確な表現だな、と思いました。実践読んでいろいろ考えました。ワクワクしました。

nishinaonishinao2015/02/01 08:56scorpion1104さん
正直、僕はこの場所で働くまで、彼らを特別な人だと感じていました。それを変えてくれたのは彼らでした。本当に人って素晴らしいですし、感謝しか生まれません。


>固まっている人だって、外から見えないだけで気持ちは動いているんです…。(^.^)
普段、自分が出来ないことには固まってしまい、完全に動けなくなってしまう生徒が、授業中ではなく、放課後に誰かに助けを求めて課題を達成しようとしていました。本当にその通りなんだなと思いました。ぜひ話を聞いてみたいと思います。

これからも、当たり前のことを語り続けていきたいと思います。僕にはそれしかできませんから。けど、それが一番大切なことだと確信しています。

これからもよろしくお願いします。

nishinaonishinao2015/02/01 15:53ogymさん
読んでくださってありがとうございます。
僕も聞いた時には的確すぎてびっくりしました。そう感じている人もいるのだなと知ることができて楽しかったです。
これからも、当たり前のことを語り続けたいと思います。

ogymogym2015/02/02 00:35実践は単発でしょうか。今後も繰り返すのでしょうか。西川先生がよく書かれているように、ブログにまとめていったら本になる? そんなことも思いました。

nishinaonishinao2015/02/02 19:14ogymさん
当たり前のことを求め続ける姿勢は何も変わらないので、今後も継続していきます。ただ、月に2度ほどしか自分に与えられた授業の時間はないので、頻度は月2になってしまいます。
本にすることは考えていませんでしたが、たしかに実践をまとめていけばなるかもしれませんね。情報をありがとうございます!

ogymogym2015/05/06 14:24続報待ってます^^;

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20150131

2015-01-28

若年者支援で『学び合い』

07:13 | 若年者支援で『学び合い』 - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - 若年者支援で『学び合い』 - 普通の会社員が自分の学校をつくる 若年者支援で『学び合い』 - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

今日、たぶんですが若年者支援業界で初の『学び合い』を行います。



今、僕が仕事をしていて思うのは、『学び合い』で必要とされる力である、

「困った時に助けてといえる」

「他人と折り合いをつけて関わることができる」

「一人も見捨てないことが得であると感じている」

この力があまりない人たちが圧倒的に多いと感じています。








「幼少期に『学び合い』に出会っていたらきっと・・・。」

と強く思ってしまいます。



けれど、人と関わることを拒否する彼らが、

学び合い』と触れた時にどんな反応をするのか。

いったい誰が集団をリードする2割の存在になるのか。



楽しみはつきません。







可能な限りで授業詳細も公開したいと思います。

楽しみ半分・不安が半分。

やってきます。

toukonyukitoukonyuki2015/01/28 07:38応援しています❗️^ ^

jun24kawajun24kawa2015/01/28 19:32ものすご~~く、興味深い!ふれ~、ふれ~
結果、期待しています。

daitouirukadaitouiruka2015/01/29 02:48楽しみです。

nishinaonishinao2015/01/31 15:40toukonyukiさん、jun24kawaさん、daitouirukaさん
いつも応援ありがとうございます!

結果、まとめました。
長文ですが、よろしかったらお読みいただけたらと思います。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20150128

2015-01-26

三日坊主も無理。でも、できるようになっている。

07:13 | 三日坊主も無理。でも、できるようになっている。 - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - 三日坊主も無理。でも、できるようになっている。 - 普通の会社員が自分の学校をつくる 三日坊主も無理。でも、できるようになっている。 - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

昨日は日帰り弾丸ツアーで岐阜へ行ってきたんです。

岐阜のNPOさんから声をかけていただいて、イベントをするために行ってきたのです。

職場同僚5人と行ってきたわけです。


一番下っ端な自分は運転をしてみんなに貢献しようとしたんです。



が、まさかの車両保険の関係で年齢が28歳に達していないため運転させてもらえず。

さらには、イベントでもとくに活躍することもなく。

帰りの車で車酔いをして迷惑をかけ

かばん持ちにすらなれず・・・。






いったい何をしにいったんだ?







行きたかったから行ったんだ!

そう、自分に言い聞かせている僕です。








そんな自分が。

三日坊主もできない自分が

今、理想的な朝の生活習慣を確立しつつあります。

僕は基本的に朝が大の苦手なので、こんな生活できるわけがないと思っていたのですが、できてます。

なぜなのか。





理由はシンプルです。

絶対に失望されたくない人に宣言をして、定期的に確認をして確かめあう。



ただこれだけです。

僕の場合はこの「絶対に失望されたくない」対象が「生徒」でした。



だから、社会心理学の

「コミットメントと一貫性」をシンプルに自分にあてはめました。












まず、3人で一時間ごとの活動計画を記した一週間の生活予定表を作成しました。

3人がお互いの目標や生活予定を確認します。

それを定期的に見せあう約束をします。

絶対に生徒からの信頼を失いたくない僕は、一生懸命結果を出すために努力します。

気が付いたら、大変だと思ってやっていた行動が習慣となり、苦が無くなります。

結果、僕の人生においてもっとも大切な生活習慣の確立が達成されます。








理論はシンプルですが、それゆえに協力です。

分かっていても、自分を心理的に締め付けます。

当たり前だけど、こんな自分が初めてうまくいった方法だったので、書いてみました。




宣言をする相手が、失望されたくない相手であればあるほど強力ですね。










さーて、今日も朝から充実した1日だ~。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20150126

2015-01-24

2日坊主にはなっているらしい

06:21 | 2日坊主にはなっているらしい - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - 2日坊主にはなっているらしい - 普通の会社員が自分の学校をつくる 2日坊主にはなっているらしい - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

坊主生活?笑

2日目に突入しました。



ではここで、

なぜ今回は5時半に起きて

ヨガをして

ブログを書いて

ウォーキングして

読書をして

各省庁の答申を読んで

朝ご飯を食べて

出勤し

書類系の仕事を出勤前に全部終わらせ

午後6時半には退社する生活を送ることを決めたのかの話を少し。







僕が10月頃にこれに似た生活サイクルを確立しようとしたのは、

もちろん優れた教育者・経営者になりたかったからに他ならないです。


けど、それより大きな目標が一つ。




うちの理事長長岡を徹底的に「パクろう。」と決めたから。









パクるというと語弊が大きいかもしれんません。

正確には、

思考習慣や生活パターンなどを「完全に自分のものにする。」ためです。


























偉大な師は僕に守破離の大切さを語ってくれました。



とにかく、今は自分の中に様々な

「型」

を取り入れたいのです。










学び合い』に対して「まし」だと思っている自分は、教育活動に携わるとき、必ずと言っていいほど、この考え方のもとに動きます。

たぶん、僕の中に『学び合い』は方になるほど自然に入り込んでいます。


だから、僕は次の型を求めるのです。








「一人の教師の絶大な力こそ、生徒や子供を成長させることができる。

教師が先導して何かをして、そこに子供がついて来れば、それで生徒や子供のレベルは自然と引き上げられている。」

これがうちの理事長に聞いた、基本的な考え方。




これは僕の考えとは正反対と言ってもいい。

なぜなら、僕は生徒に任せないと、一生涯を考えた時の本質的な成長にはならないと思っているから。

カリスマ教師がいなくなったら、その生徒たちはどうしていいかわからなくなってしまう。

だから、より強力な生徒集団を作ることの方がはるかに大切なことである。






これだけ違う認識をしている人の、そこまでたどり着くためにしてきた学びや、現在している学びをパクり、自分のものにしていく。

そうして、僕はまた新たな型を手に入れたいのです。










そのために、まずは理事長が送っている生活サイクルをまねました。

いや、まねようとしました(笑)


けど、難しかった。




だけど、そんな僕が今回はある秘策を使って、自分が継続できるであろう可能性を高めました。

まだ2日ですが、かなり自分に合ったうまいサイクルなのではと思っています。

いったいそれは何なのか。






















明日のタイトル

「社会心理学を使い、継続力を高める」


お楽しみに。

ogymogym2015/01/25 00:355時に集会をする早起き会が全国組織で各道場あるそうで、誘われたことあります。そうした仲間活用も方法かもしれません、と思いました。

nishinaonishinao2015/01/26 06:55ogymさん
そんな組織があるのですね!
確かに、それを利用したら効果が高そう。いい情報をありがとうございます!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20150124

2015-01-23

久方ぶりすぎです

06:28 | 久方ぶりすぎです - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - 久方ぶりすぎです - 普通の会社員が自分の学校をつくる 久方ぶりすぎです - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

おはようございます!

完全にブログに触れることなく生活していた西澤です。



書きたいことはたくさんあっても、

「5時半に起きれなかったら、その日はブログ書かない。」

と決めてから早3か月。





結局5時半に起きれることはありませんでした。



正直、自分の継続力のなさに嫌気がさしましたね。

このブログにもう一度触れるのが

「怖い。」

と思ってしまうほどでした。

このまま触れないほうがいいのではないかとも思いましたが、僕にはこの原点のブログがないとだめなのです。







小さな継続もできないやつだけど、何度でもできるまでやってやりますよ。

5%ずつでいいから継続できる日数を上げていきます。

というか、いきなり完璧にやろうとはしません。

愚かな姿をさらしながらも、日々当たり前の生活サイクルを送っていきます。




だって、僕の尊敬する人たちは皆、例外なく朝のサイクルと1日の生活サイクルが確立しているんですもん。

何か物事を成せる人は、小さな積み重ねの大切さがよく分かっているようです。

恩師もそういってました。




だから、その大切さに

「今」

気が付くことができた僕は、たぶんめちゃくちゃラッキー。

この年でそれに気が付けたなら、小さなことから継続していきます。








継続は力なり。

何度も言っているけど、

「止まってしまっても、諦めなければ道は続く。」


だから、また歩みます。

不器用だけどね。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20150123

2014-10-06

ありすぎて書けない・・・(笑)

06:46 | ありすぎて書けない・・・(笑) - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - ありすぎて書けない・・・(笑) - 普通の会社員が自分の学校をつくる ありすぎて書けない・・・(笑) - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

書きたいことが出てくるまで書かないでいると、書きたいことがありすぎて何を書こうか迷ってしまいますね~



今日は台風なので朝のラン&ウォーキングをせずにいるので、ゆっくり読書しております。


最近は、いろいろな人に相談をしたり、自分の思いを伝えているからか、毎日が

楽しくて仕方ないです!



そんな毎日の学びや経験をここで伝えていけたら、次の世代や自分の背中や思いを感じてくれる人たちのためにもなると思うので、そんな場所にしていきたいな~と思います。

ogymogym2014/10/06 22:55ありがとうございました。応援しています^^。

nishinaonishinao2014/10/07 06:34ogymさん
感動的な出会いでした!ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20141006

2014-10-02

~止まってもやめてしまっても諦めなければ道は続く 失敗なんてここにはない~

06:07 | ~止まってもやめてしまっても諦めなければ道は続く 失敗なんてここにはない~ - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - ~止まってもやめてしまっても諦めなければ道は続く 失敗なんてここにはない~ - 普通の会社員が自分の学校をつくる ~止まってもやめてしまっても諦めなければ道は続く 失敗なんてここにはない~ - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント


その1、更新することが義務になり全く楽しくなくなってしまった。

その2、何のためにブログに思いを書き綴っているのか分からなくなってしまった。

その3、目の前の業務に追われ自分の生き方を見失ってしまった。




これらの理由により、突然ブログを書くのをやめてしまった一人の男。果たして、なぜこのように感じ、またこの経験から何を得たのか!

第2回 ~止まってもやめてしまっても諦めなければ道は続く 失敗なんてここにはない~







簡単に言うと、自分で自分にプレッシャーをかけすぎた。それに尽きます。

「~しなければならない。」を増やしすぎました。

「毎日ブログを更新しなければ成功することはできない。」

「こんなことくらいもできなければ目標になんて近づかない。」

「もっと完璧でいなければならない。」

こんな思いが増えすぎました。




今思うと、あほらしいな~、と思うことばかりです。

自分の中には何もないのに、あたかもたくさんあるかのように見せつけ、ない力を誇示していたようにも思います。

まあ、なんとくだらないんでしょうか。

自分で自分に変なプレッシャーをかけるのはやめにします。








今回の経験から得た大切な教訓があります。

一つ目は、「ブログを更新しなくても前進はできるし、死にはしない。」ことです。

これは義務じゃないです。自分が理想を具現化するための一つのツールでしかありません。ならば、これはここだけにとどまることでもなんでもなく、もっと広く世の中に広めていけばいいことなんだと思いました。

自分はあくまでも、バカみたいに真っ直ぐと人の助けを借りながら進んでいけばいいと思ったし、強くその重要性を感じました。








とりあえず今日はここまでです。

それと、毎日絶対に更新するのもやめにします。

自分が更新したいと思って、情報を発信することが出来る時に着実にやっていきます。

自分に変なプレッシャーをかけることは、力のない教師に権力で管理された教室で勉強をするくらいに自分の能力を抑制してしまうと学びました。

なので、自分はそれをしません。



楽しくバカみたいに真っ直ぐしたたかに、バカはバカらしく生意気に(笑)

こんな自分の生き方をそのままここに書き綴り、なおかつ自分の思いや活動をSNS上で伝える重要なツールとしてうまく利用していきたいと思います!



これからもよろしくお願いします!!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20141002

2014-10-01

大変お久しぶりです

07:03 | 大変お久しぶりです - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - 大変お久しぶりです - 普通の会社員が自分の学校をつくる 大変お久しぶりです - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

おはようございます。

そして、お久しぶりです。

いつの間にか甲子園が終わり、プロ野球のペナントレースも終了間際になるほどの、長い長い時を経て活きのいいのが帰ってきました〜!!



ほぼ毎日更新していたプログを突然更新しなくなり、多くの方から心配のメールや連絡をいただきました。

そんな声を聞きながら、自分は1人で生きているのではなく、多くの人に支えられながら生きていることを実感しました。

どうもありがとうございました!




実は、ブログの更新をストップする3ヶ月ほど前からブログを更新することが辛くなっていました。

そして、ネットに触れることすら拒絶するようになり、SNS系統に仕事以外ではほぼ触れない生活を送ってきました。

最後の記事にコメントしていただいていたのも、ブログを更新しようとしたたった今見た次第です。どうもすいませんでした。

その原因や理由、そしてプログの更新を止めたことによって見えてきたものがありました。

それらを3つにまとめようと思います。

また、それらを踏まえ今日からの生き方に繋がる大切なものを得たので、それもまとめていこうと思います!









〜なぜ全てが嫌になり、突然SNSから離れてしまったのか。その3つの原因と理由〜

その1、更新することが義務になり全く楽しくなくなってしまった。

その2、何のためにブログに思いを書き綴っているのか分からなくなってしまった。

その3、目の前の業務に追われ自分の生き方を見失ってしまった。

大きく3つにまとめるとこれらになります。



また、今回から決めた大切なルールがあります。

1つは、朝5時半からブログを書くこと。

2つ目は、最大30分間までしか書かないこと。30分で書けない分は翌日以降に書くこと。

3つ目は、コメントへの返事は6時15分からのランニングタイムに行うこと。



というわけで、予定の時間が過ぎてしまったので、今日はここで終わりにします。

まだ何も書けていませんが、自分ルールなので仕方なしです。

日々少しでも多くのことを書けるようにする練習も含んでいますので、ルールにはきっちりと従っていこうと思います!



✳︎ちなみに、本日の更新時間がずれているのはメモに記事を書いて満足し、ネット上での更新を忘れていたためです(笑)久しぶりって怖いですね!笑

それでは今日も楽しんでいきましょ〜!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20141001

2014-08-18

どっちなんだい!?

23:55 | どっちなんだい!? - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - どっちなんだい!? - 普通の会社員が自分の学校をつくる どっちなんだい!? - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

もっと夢を持って自分の信念を貫いた人生を送りなさい。

謙虚に周りといい関係を保って生きなさい。




いったいどっちなんだ。

そんなことしたら中途半端になるだけじゃないか。

そうか、中途半端でありきたりな人間を作り出したいのか。それなら分かる。




一貫した信念を持って、ブレずに伝え続ける大切さを実感する。本当に実感する。

自分が尊敬する人たちも皆、一貫したことを言っているな〜と思う。


まだまだ自分は未熟でなーんにも知らないんだな。

こりゃ学び続けたくもなりますわ。

scorpion1104scorpion11042014/08/19 05:18両極端にある考えを、現実を生きるためにはどこかで融合させる手続きを自分の中でしなければ生きていけないことが多々でてきます。悔しいけれど。
学びは、その矛盾を少しでも解決・理解するためにあるのかもしれませんね。

jun24kawajun24kawa2014/08/19 06:30もっと夢を持って自分の信念を貫いた人生を送りなさい。
謙虚に周りといい関係を保って生きなさい。
は対立するものではないですよ。
自分の夢を実現する人は、多様な人と折り合いをつけます。
どんな革命家です。
何故ならば、夢は人との協力によって実現できるから。
例外は、天才的な数学者・理論物理家です。
それらは正しいか正しくないかは自然が決めるから。
理学でも実験化学の場合は、ビックサイエンスになってからは協力無しに実現できません。
ましてや社会科学はもっとです。
芸術家でさえも、世の中に合わせなければなりません。
理想は高く、現実には柔軟に。
夢の「実現」を本当に願うならば、したたかにあらねばなりません。
http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20140712/1405170429
http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20050508/1172644081

nishinaonishinao2014/10/01 07:57scorpion1104さん
長らくこの場を放置してしまいすいませんでした。

ありがとうございます。
その悔しさをまさに感じていました。止まってみて、学ぶことの大切さが分かり始めました気がします。

nishinaonishinao2014/10/01 08:02jun24kawaさん
理想は高く現実には柔軟に。
この言葉の意味をひしひしと感じるとともに、この行動の難しさを感じます。

上手くいかないことも、腹が立つことがあっても、それも全て自分が選択した行動の結果であり現実なのですね。
今の現実を真摯に受け止め、自分の思いを現実化するために歩んでいきたいと思います!
いつもありがとうございます!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20140818

2014-08-17

失敗しない者を信用するな

23:41 | 失敗しない者を信用するな - 普通の会社員が自分の学校をつくる を含むブックマーク はてなブックマーク - 失敗しない者を信用するな - 普通の会社員が自分の学校をつくる 失敗しない者を信用するな - 普通の会社員が自分の学校をつくる のブックマークコメント

"成果とは長期のものである。すなわち、まちがいや失敗をしない者を信用してはならないということである。

それは、見せかけか、無難なこと、下らないことにしか手をつけない者である。

成果とは打率である。弱みがないことを評価してはならない。

そのようなことでは、意欲を失わせ、士気を損なう。

人は、優れているほど多くのまちがいをおかす。

優れているほど新しいことを試みる。 "


ピーター・ドラッカーはこのように述べています。




企業などの仕事評価では、どうしても失敗をしないことを求めがちです。

これはうちの法人にも同じことが言えることです。

新しいことに挑戦しようとするものは異端児扱いされ潰されます。


失敗をすると、その失敗を陰で咎められます。

成果は何かの評価基準がないまま、失敗だけはしてはいけないという環境の中で仕事が行われていきます。



これでは人が持つ力を発揮できるわけがありません。

この大切なことに気がつくことができた僕は、生徒にも自分にも「失敗する」という大切なことを伝え続け実践していかなくてはと思います。



少しずつですが、ここをよりよい場所へと変えていきます!

kabamen6384kabamen63842014/08/18 02:33「凄い事」より、「色んな事」を絶えず試せる人になりたいね。

ogymogym2014/08/18 23:45「同じようなことを考えたことがあったなぁ!^^」と感じるときと、
「刺激になるなぁ! 自分も頑張ろう!」と感じるときと様々です。
応援しています。自分の励みになります。ありがとうございます。

nishinaonishinao2014/08/18 23:59kabamen6384さん
いつも励ましてもらってありがとうございます!
最近うちの理事長を見ていて、凄いことって結局は当たり前の積み重ねの上にしか存在しえないんだなと実感しました。
色んな事に挑戦した先に一つでも最高の結果がついてきたら最高ですね!

nishinaonishinao2014/08/19 00:02ogymさん
いつもありがとうございます!
そう言ってもらええるだけで嬉しくて泣きそうになります。自分の行動で少しでも励みになったのならば、やっていてよかったなと思えます。
これからも多くの事を学ばせてください。よろしくお願いします!!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nishinao/20140817