次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2019-09-04

    「ピンチかチャンスか」小さなことで変えられる、と信じる

    06:50

     困りごと、問題は、本気でやるメンバーだからこそ出てくるもの。

     そう考えるといいね。

     困りごとが出てきそうな予兆を感じて早めに対処し始めることもいるな。




     困りごとが大ききなって疲弊しちゃうと、

    「もういいや~」

    「どうせ~」

    なんて空気も出てきそうになるんだけど、

     そこで、それを明るいチャレンジに変えていける、そういうメンバーであることを信じること、信じられること、そこだな。


     ピンチかチャンスか。

     ポイントの切り替えを、誰がいつするか。

     できる人がそれをする、でいいってこと。


     なんだ、子どもたちに話す事と同じだな。

    f:id:motoryou:20190817142703j:image