次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2019-08-27

    OGATSU COMPANY始動

    06:43

     始業式。

     校長先生もそのお話の中で、OGATSU COMPANYスローガン「自分を元気に、みんなを元気に、まちを元気に」について触れて子どもたちにこれからの2学期を語ってくれました。


    OGATSU COMPANYは「自分を元気に,みんなも元気に,まちを元気に」を目指す仮想会社。雄勝小中学校の児童生徒と職員が「今のところの」メンバー。でも、地域の方々や様々な形で学校に関わってくれる方々皆さんが

    「私もOGATSU COMPANYのメンバーだから(^^)」

    と感じてくれるとうれしい。そんな方々が増やしていくことが、COMPANYの「しごと」とも言えます。



    ある先生は、夏休み中にそのスローガン

    「自分を元気に、みんなを元気に、まちを元気に」

    の大型掲示物を1階廊下につくってくれ、子どもたちを迎えてくれました。

    うれしい。


     4時間目は、OGATSU COMPANYとしての2学期の大きな取組、小中文化祭についてまずは5,6年生が

    「どんな文化祭にしたい?なるといい?」のコンセプト会議。まだ十分イメージを作りきれずにいたようだけど、そこからスタートすることに意味があります。


    そして5時間目はOGATSU  COMPANYのロゴマーク案が「こども芸術の村」のご協力とサポートでアイデア候補2案が発表され、子どもたちとどきどきのわくわくの検討会。


     いよいよ、このOGATSU COMPANYにロゴマークができます!

    スローガン学校教育目標とダイレクトにつながっています。学校教育目標がじっくりと自分たちのものになっていく、そんな2学期スタートの日




     放課後は、文化祭担当職員チームで

    「どんな文化祭にしたい、なるといい?」ミーティング。

    それぞれの思いを語り聴き合いながら目指していく方向性を共有しました。


     “OGATSU ORIGINAL”を児童生徒の主体性と創造性を活かしてつくろう、ということ。

     ここがこれからの「立ち戻る場所」


    OGATSU COMPANY、早速初日から動き出してきました。



     みんなが動かす、OGATSU COMPANY

    そこが2学期チャレンジ。

    f:id:motoryou:20190819170932j:image