次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2019-08-23

    やれば分かる、行けば分かる

    06:50

     とりあえずやってみること、なんだな、やっぱりそうだよね、と思った。


     このところ、(ああ、ここにつながっていたか…)と今なら思うおしゃべりや対話、機会があって。

     「それは遊びなのか、ギョーム(業務)なのか?」

    とか

    「遊びと仕事、学びはどういう関係なんだろう?」

    とか。


     そうしていたら、昨日、かねてから交流のある相模国白龍太鼓保存会という団体が学校に来てくれて演奏会をしてくださいました。

     その中に「遊ーYUU-」という曲があり、その一言解説の中に以下の記述。

    「曲名となっている『遊』という漢字には、もちろん『遊ぶ』という意味もありますが、ほかにも『自由に歩き回る』『楽しみにふける』というような意味もあります。」


     太鼓の演奏も

    「幸せを届けられるように、と願いを込めて演奏します。」という言葉からスタートするまさに元気、エネルギー、笑顔あふれる明るく力強いものでした。


     この「音」が表すものと「遊」の意味、それぞれの意味づけ。


     そんなところを2学期の私のテーマにしてみようかな、と思いました。

    うまく行くかどうかはそんなの分からなくて。

    やってみなければ分からないってこと。

    とりあえずやってみる、やってみれば分かる、行ってみれば分かる。


    そんな感じでやっていきたいな、と感じたこの日。

    f:id:motoryou:20190822105448j:image