次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2019-08-10

    「その日暮らし」と「南国モード」

    07:54

     ただいま、夏季休業中。それは、もちろん子どもたちの話で。

    教員は勤務なのである。

     でも(他の方は分からないけど)私は、気持ちに余裕が生まれて、たくさん学びたいなあ、と思える期間として重宝している。

     勤務でも「遊び」。勤務であり遊びでもある、そんな感じ。


     今年の夏の私のテーマはまさに「ブラ雄勝」。

    学校のある地域、雄勝をブラブラする。ブラブラしながら人と話す、面白そうなものを見付ける、やってみたいことをやってみる、そんな感じ。


     かっこよくいうと「地域から学ぶ、地域を学ぶ」

    その場に行き、人と話し、感じる、その効用は分かっているつもり。

    「地域に開かれた教育課程」「学びの地図(学習指導要領)を地域の方々とも共有して」なんて難しいこと言っていても、結局は人と人。

     どこの誰か、どんな人か、何が好きで、何が嫌いか、そんなことも知ろうとしないで、そんな難しいことはできない。

     「コミュニケーションの量があってはじめて質に転換できる。」

    「良好なコミュニケーション自然発生的には生まれない」まさにそうだなあ、と感じる。



     話を戻す。

     キャッチフレーズは「その日暮らし!」「南国モード!」(これしいたけ占いにあった言葉笑)

     「夏季休業」は今だいたい半分を過ぎたあたり。

    結構やりたいことやれている感じ。

     ウニ獲りしたし、韮浜行ったし、モールス信号やったし、羽坂でマジックショー見たし、まち協や公民館の方々とたくさんしゃべったし、早朝の漁港で水揚げ見たり漁師さんとしゃべったりしたし、古川で雄勝トークしたし、沢に行ったし、雄勝のおいしいものたくさん食べたし、外で雄勝のこと話したし、考えたし、本も読んだし、そしてこの先の新しい次やることも決まったし。

     いやあ、おもろい。

     


          

    テーマが「その日暮らし」だから、

    「今日はこんなことしたいな~」

    「この本読みたいな~」

    「これしないとな~」(もちろんこれもある!)

    って一応は考えるんだけど、やりながらの変更ももちろんあり。

     面白そうなことを見付けたらそっちにしちゃうし、偶然の出会いがあればそっちに進んだり。

    計画性があるようで、計画性なし。

       

         

     考えて見れば、それって結構、夏季休業中に限ったことじゃないかもな…、と今気付いた。

     東京出身なのになぜか宮城の半島部に来て(自分なりの理由はもちろんあるんだけど)、結構やりたいことをやりたいようにやってきたなあ、と思い返してみる。

     うまくいったことばかりじゃなくて、その日暮らし的な直感を結構優先してきた…。それで困ったことももちろんたくさんあったんだけど、今となればそれも何とかなってきたし、まだ困りごとではあるんだけど、誰かのサポートをいただきながらもなんとかかんとか維持できていたり…。



     うーん、あんまり我慢がきくタイプじゃないみたい。

    我慢していても、もたないし。

     結局、やりたいことやっちゃうし、言いたいこと言っちゃうんですよね。


     かといって、特別な能力はないから結局人に手伝ってもらったり、ご縁をいただいたりしながらここまでやってきたんだなあ。

     成長しないなあ、とも思うけど、まあ仕方がない…。



     この夏は「ブラ雄勝」だ、なんて言って書き始めたけど、なんだ、ずっと「ブラ〇〇」だったんだな…と気付く今ココ。


     こりゃあ、ずっとそのまま行きそうだ(生きそうだ)、どーする、どーする??




     ま、いっか…。


     こうなってしまうだな、結局。

    f:id:motoryou:20190809144118j:image