次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2019-08-06

    「ある種の暴力的な感じ」

    07:06

     帰り道。

     巨大なものが、でん、とある場所がある。

     はじめの頃は

    「なんだ?」

    と思っていたのだが、だんだんとそれが風力発電に使われる巨大な風車のパーツであることに気が付いた。

     「こんなでかいものが世の中にあるのか?」

    という感じ。

     羽1枚が50mくらいあるような。それがひとつのパーツ。

         

     もちろん、世の中には「これ」より大きいものは、山とあるはずなんだけど、第一印象はやっぱり

    「これよりでかいものあるのか?」


     そう感じるのはなんでなのかよく分からずにいたんだけど、最近になって感じるのは、ひとつのパーツとしての大きさが尋常じゃないからかな、ということ。

     羽一枚が、やたら、でかい。

     柱ひとつが、やたら、でかい。

     もうすでに、近くの山に2基ほど立っているんだけど、遠目から見ても異彩をはなっているように、私には感じる。

     この違和感はなんだろう…、と自分の中でなんか整理できないものを感じていて。

     それは、その「巨大さ」からだけじゃないものが何かあるんだよなあ、と思いながら、それでもそれが何なのかよく分からずにいた。


     そんな中、ある方から以下のようなコメントをもらった。

    「今日は午後から常磐道を通って新地~浪江をはしりましたが、高台の高速からみえる海沿いの発電所群、また、山々を越えて掛けられる送電線群はあまりに巨大で、そこに投じられるお金と桁違いであることが分かります。ある種の暴力的な感じというか、この風景をどう気持ちの中に収めていいかわからない感じでした。しかし、その先には私たちが求めた豊かさを形にした都市がある。裏表です。

    再生可能エネルギーといわれるものに対しても、震災以来、大きなお金が動いているようですが、それは求めたものではありますが、同様の違和感をもってしまう。

    私は、エネルギーとくらしの関係を学ぶ場をつくる立場にいます。何をどう伝えていけばいいか、悩みます。

    トルストイの「人が生きるにはどのくらいの土地が必要か」という寓話を思い浮かべてしまう。

    福島を走った今日、同じようなことを感じた時間でした。」


     なるほど、これか。

    「ある種の暴力的な感じ」

    「求めたものではあるが、違和感」


     風力発電は、自然の力を借りたエネルギーで、まあ普通に考えれば「環境にあまり負担をかけない」エネルギー、なのかな。

     昨今、地球温暖化問題で化石燃料の消費による二酸化炭素の排出量が問題にされていたり、原発事故を始め放射線の懸念もとても大きい。そんなこともあっての、自然エネルギーの開発であり、その流れのこれなのかな、とも思うのだけど、なんか自分のなかでしっくりと来なかったのはここだったんだなあ、と。

     火力発電所をつくるよりいいでしょ。

     原子力発電所をつくるよりいいでしょ。

     確かに、私もそう思う。そうは思うんだけど。何だろ。

        

     「自然」じゃない、ってこと。少なくても自分の感覚では自然ではないから。

    「ある種の暴力的な感じ」という表現が、私にはやっぱりぴったりくる感じ。


     「いいものなんだからいいだろ」


    表現が適切ではないことは分かっている。でも私がそれから感じるメッセージは、そうなんだな、と思う。

     「正しい」のかもしれないが、優しくないという印象。そう印象なんだな…。

    「印象をもつ」以上の働きかけができない状態。

     大げさにいうと、個人の感情が無視されている感覚。

     

     もちろん、それをよしとする方々もたくさんいることも想像はできるんだけど。



     ここにでんと横たわる巨大な羽と柱。

     これもやがて、今すでに山に立っている2~3基の風力発電用に風車になるのだろう。

     私にとっては「異彩」。

     でも時間がたつと、見慣れてしまうのかな?気にならなくなってしまうのかな?仕方ないと思うのかな?

     それが、こわい。


     世の中は何で動いているんだろう。




    f:id:motoryou:20190805175301j:image