次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2019-07-21

    看護、介護、医療、福祉と教育

    17:57

    看護介護医療福祉、そして教育。

    最近、わたしが参加している学びの場には、そういう分野の専門職の方々が集まっています。

    そこで出されるテーマは、ケアでありサポート。

    対象が大人の方、それもご高齢の方を想定している場合も多い気がします。

    そこで共通して大切にされているのは「ご本人の意思、言葉」

    そして、ご本人に関わる方々が持っている情報を、エピソードベースで共有すること。


    それぞれが持ち寄るその情報をベースに、ご本人に最適と思われるケア・サポートをみんなで多面的に考える、役割を分担する、そんな感じ。


    看護介護医療福祉

    この分野の方々の見方考え方から、本当に学ばされます。

    もっと削いで行かないと、ここに行き着けないのかもなあ、と感じました。

    f:id:motoryou:20190721175649j:image

    ちょんせいこちょんせいこ2019/07/23 07:21佐渡、今年もありがとうございましt。そして、やっぱりビジネスだと思います。雇用を生む仕組みを作って、まちが元気になることをめざしたいです。引き続き、よろしくお願いいたします!

    motoryoumotoryou2019/07/23 21:03「雇用を生む仕組み」そうですね。自分や自分たちを活かし合う、ってことだと思うので、ビジネスの分野もですね。教室、学校、地域…と見ながらそのつながりを考えながら現場で試行錯誤をしていきたいです。