次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2019-07-13

    簡単じゃない

    08:50

    先日、グラフィックデザイナーとしてお仕事をされている方に来ていただいて、子どもたちと出会ってもらいました。

    「自分を元気に、みんなを元気に、まちを元気に」をテーマにしている総合的な学習の時間。

    今まで、「ふるさと雄勝」をフィールドにした活動やほってぇ皿つくりなどを通して、テーマに向かったプロジェクトをしてきました。

    オガツカンパニー、と名付けた仮想会社もこの2,3年の活動でだんだん自分たちのものになってきたこの段階で、「会社のロゴマークをデザインしよう」ということです。

    イメージとしては、「ふるさと雄勝」や「オガツカンパニー」を象徴するマークをみんなでアイデアを出し合いながら考えることで、今までを振り返り、これからをイメージする、そんな機会になるだろうと思ってのこと。

     そして、そのロゴマークを元に、雄勝のまちのみんなと一緒に「自分を元気に、みんなを元気に、まちを元気に」に向けてゆっくり進んでいけたら嬉しい、と思っています。

    それから、もう一つ。

    地域の方々を含め、多様なステキな大人たちと出会ってほしいと願っています。小中併設校の本校の総合的な学習のゴールは、キャリア教育としてのそれでもあります。ですから、学ぶことと社会で役割を果たすこと、自分の「好き」や強みを生かして生きることにつなげていく、そういうことも大事なテーマ。


    デザイナーさんとの1回目は、まず

    「自分をあらわすロゴマークつくりに挑戦」

    でした。


    やってみるとわかる、その難しさ^_^。

    あーでもない、こーでもない、と描いては消し描いては消し、という子どもたちもたくさん。

    3年生から6年生までの一緒の活動なので、いろんな友達

    「ねえ?これどう?」

    「◯ちゃんのいいところはさ…」

    なんて相談もしながら。

    机の上は消しゴムのカスだらけになりました。



    結局、時間内に「これだ」というものまで出来た子はいません。

    それだけ難しい。


    そりゃあそうです。本気で考えるってきっとこういうことなんだと思います。


    出来なかったから残念、じゃないんだな。

    簡単にできるようでは、むしろ困るかも。


    「難しいから面白い」

    多分、仕事ってそんなもの。


    だから、「出来ない」ことの価値を伝えることだって、私の役割だと思って、みんなとの総合を楽しみながら組んでいます。


    難しいけど、楽しい。


    【追記】

    子どもたちと出会ってくださるステキな大人たちは、誰もが

    「好きなことをやってここまできた。好きなことを続けるのは、苦しいけど楽しい。」

    大体の方はそういうことを言います。

    やっぱりな、と思います。

    f:id:motoryou:20190709122026j:image