次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2019-07-12

    「楽しい」「やってみたい」そして行動しちゃう

    06:39

     いろんなプロの方々と出会う機会がある。

     写真家デザイナー陶芸家、お菓子職人、漁師さん、硯職人さんなどなど。たくさん。

     

     学校に来ていただき、子どもたちと出会ってもらったり。

     学びの場でご一緒させていただいたり。

     講演、という形でお話を伺ったり。


     一緒にお話したり、聞いたりするなかで、私の感じるそういう方々の共通項は、

    1 「おもしろい!」「楽しい!」「やってみたい」、を見付けたら行動に移すのが早い。(迷いがない、ように見える)

     

    2 好きなことに一生懸命。好きなことをやっている。もしくはやっているうちに「好き」にしている。


     先に挙げた方々以外でも、本当はどこの誰でも「おもしろい!」「楽しい!」「やってみたい」はあるし、それを実際に行動に移していることって多いはず。


     だから、子どもたちにも

    「うん、それでいいんだ。」

    って行動や姿で伝えられたらいいんだな。


     教師としての私は、そういう大人たちと子どもたちが出会える場をつくる、そういうことが、自分が楽しいってことでもある。


     身の回りに、すてきな大人は、もちろんすてきな友達はたくさんいるよ、そういうことがちゃんと感じられる自然な場をつくっていきたんだな。


     それが私の「楽しい」「やってみたい」なんだな。


     今週出会ったのはこの方々。

     刺激をいただきました。


    http://www.enround.com/w_onuma.html



    https://magazine.hitosara.com/article/852/


     

    f:id:motoryou:20190505162601j:image