次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2019-07-01

    それぞれちゃんとやってる、からスタートしたい、しないと。

    06:35


     ちゃんとやってる、それぞれがそれぞれのやれることを(自分からはそう見えない時があったとしても)今の現状の中で「ちゃんと」やってるんだ、という視点に立つっているよね、と思った。

     自分に余裕がなかったりすると、

    (もう、ちゃんとやってよ!)

    ってことになったりする。


     それでいらいらしちゃったり。

    でも、それで事態がよくなったことはない。


     人それぞれ、いろんな条件状況下で「今できること、今しないでおけないこと」を「ちゃんと」やってるんだよね、本当は。

     どこから、それを見るかの違いだけ。

     その規準は「快」だったり、「命身体の安心安全」だったりを、それぞれが判断してのそれなんだと。


     自分に余裕がないと、そこをどこかに置いてきぼりにしてしまうな。

     結局,自分なんだな。

    f:id:motoryou:20190630172223j:image