次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2019-06-20

    大人同士で学び合う

    06:50

     生活総合カリキュラムマネジメントミーティング。

    2ヶ月に一回担任の先生方と私で開いています。


     昨日は2回目。

     簡単にいうと、生活科・「総合的な学習」の「定例進捗会議」。


    発散:「やってみてどんな感じ?」

    収束:「よいこと1つ、困っていること1つ」

    活用:「これからどうする?どうなるといい?」

     生活科・「総合的な学習」を学校教育目標の柱に据えているから、その取組をみんなで行い振り返ることと各教科とつないでいく視点や実践を共有することは、まんまみんなで授業を創る、考えることにつながるはず。


     若手もベテランも聴き合いながら、一緒にフラットに学び合うイメージ。

    職員室の『学び合い



     定例進捗会議で行ったのは今回からだったけど、お互いにエンパワーし合えた気がする。


    「聴き合うこと」を大事にしているから。


    ファシリテーターを交代制でで行うことを、今年度の新メンバーを入れてできたことも進歩。

     実践×研修×関係性づくり×・・・・。


    やることが多すぎて、


    いろんな面で時間がないのなら、全てをかぶせる感じでやればいいってことだな。


     大人が学び合う、大人の「総合的な学習」イメージ。

    一緒に実践し、振り返り、また修正し、実践し、振り返り…。

    学校教育目標を中心にしたカリキュラムづくりをみんなでするようになるといいんだよね。

     そのチャレンジ。

    f:id:motoryou:20190619134337j:image