次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2019-05-06

    再読すること

    08:24

     「超『個』の教科書」(風間八宏)の再読を始めた。

     これも好きな本。

    https://www.amazon.co.jp/%E8%B6%85%E3%80%8C%E5%80%8B%E3%80%8D%E3%81%AE%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8-%E9%A2%A8%E9%96%93%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88-%E9%A2%A8%E9%96%93-%E5%85%AB%E5%AE%8F/dp/4575312487

     「組織をつくることで個を行かす」のではなく、「個を生かすことで組織にする」という考え方が好きだから。


     冒頭にある次の記述なんか、いいなあ 、と思う。


    「自分がやりたいようにやって、フルパワーを出してほしい。それがチームにとってプラスになれば、全員が“楽しむ”という状態をつくることができる。」


     自分がやりたいようにやる、それがチームのためになる、そういう状態。

     それは、どうするといい?

     反対に、それができないとすれば、なぜ?


     その辺りの課題意識をもって再読したいな。


     たぶん、自分の中にある「こたえ」を再発見、再確認することになるんだろうな、と思う。

    f:id:motoryou:20190420062932j:image

     それが再読のよさ、楽しさ。