次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2019-02-14

    見立ての選択肢

    06:48

     ある,夜の会議が終わってから信頼できる友人教師との立ち話。

      

    とっても子どもたちを見る目が温かく,ちゃんと一人の人間として尊重する,とう姿勢を貫いているところが本当に素敵な人。

    もっとも,それは「当たり前」のことであるんだけどね。

     

     Aちゃんのこと。

     よく言えば自由奔放,悪く言えば「身勝手」(笑)

     そんなだから,いわゆる「厳しい」先生には,しょっちゅう怒られるらしい。

    彼はそんな彼女の担任なんだけど,決して頭ごなしには叱ったりしない人。

     彼が言うには

    「でさ,おらが,これはだめだよねえ,って思って『Aちゃんさ,…』なんてしばらく話をするさ?そうすると,あくびとかするんだよねー。んでしばらっくすっと,突っ伏して『ねむい』とか言うわけ。」

    「うんうん,それで?」

    「なんで,そうなるのかなあ?って考えていたんだよね。で,あるときカウンセラーさんと別のことで話していて,ああ!って思った訳よ。」

    「というと?」

    「あくびするさ?これは,まああくびには違いないんだけど『もう聞きたくないよ~』の合図なんだなーって。突っ伏しちゃうのは,もう限界がきて自分を守りに入ったってサインなんだな。寝たい訳じゃない。」

    「うんうん。」

    「だから,バカにしているわけでもいい加減に聞いているわけでもないってことなんだよね。」

    「だねー」

    (つづく)



     こういう見立てもできる,こういう角度からも考える選択肢をもっているってことがほんと大事なこと。アセスメント。」

     「厳しさ」と称して,そこのアセスメントをなしに

    「その態度は何だ!」

    ってなっちゃうと最悪。


     今でこそそう考えられるけど,それで失敗したことも何度もあるんだよねえ…。

     謝りたいこともたあくさんある…。