次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2018-12-31

    苦しい対話を楽しむ

    08:57

     苦しい対話を楽しむ,楽しめる。

    そんなことができたらいいな。

     ずっと「苦しく」なくていい,もちろん笑。

     ジェットコースターみたいに(うーん適切じゃないかな…)


    ぎゅーんと攻めてみたり

    急に曲がったり

    一回転したり

    どきどきしたり

    わ,危な!

    って思ったり笑

    途中途中に大笑いしたり。



    うわ,ここまで言っちゃったよ

    とかね。

     ときどきグサグサきたり笑。

    話しながら,自分で自分の奥底にある

    見たくないところをえぐっちゃたり。

     


     苦しいけど楽しい対話の成立。

     きっとそれはお互いの最大に近い「尊重」の表し方。

     誰とでもはできないし,する必要もない。当たり前だけど笑

     



    傷つけないように慎重に言葉を選んで話すのも「尊重」

    いいところだけ,気持ちのいい言葉だけ話すのも「尊重」

    オープンに,直球で問うのも「尊重」

    言いにくいこともあったとしても

    自分の駄目さ弱さ虚勢を開くことも


    関係性の問題だよね。


     (あ,同じ方向を向いているな)

    という信頼感があっての

    苦しい楽しい対話の成立。


     あ,山登りだ。

    ジェットコースターより,そっちが合うな。



     たぶんそうだな。

    苦しい対話を楽しめる,そんな一歩を踏み出したいな。