次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2018-12-18

    「する」から「している」へ

    06:36

     学校の協働教育推進連絡会。学校を様々な面から支えてくださっている方々との会議。例えば学校評議員さんだったり,神楽の師範さんだったり,まち協の方々,公民館職員の方々とか地域代表の方とか。今回は市教委や県の協働教育担当の方もご参加。

     会の主なプログラム

     ①校長挨拶

     ②これまでの雄勝小学校の協働教育のプロセスをムービーで。

     ③意見交換をホワイトボード・ミーティング®で

     来てくださった方々から,たくさんの嬉しい言葉をいただいた。学校全体,学校の子どもたち,学校の姿勢そのものを評価してくださっていることが嬉しい。担任の先生方はじめ,関わる全員を評価してくださっていることがそのたくさんの発言から感じることができて嬉しい。

      ここまで言っていただけるのは

     ①これまでプロセスに直接関わり続けてくださっている(子どもたちとも職員とも)

     ②プロセスを通して,対話を通して1つ1つの取組を一緒に創ってきた

     ③この場が一人一人の話を受け取り可視化することで共有できる場になっている

     などなど。そんな要素があったからと考える。

     一緒に関わり続け(結果,同じ方向を向いて歩くパートナーとなっている),対話をし,一緒に振り返る。そんな今年度をここまで続けてきた。足りないことはまだまだあれど。いや足りないこともあるからかえって良いのかもしれないな。だから一緒に前に進めるんだなあ。

     委員の方からの言葉。

    「開校から短期間のうちにここまでやれていることが,かえって驚きなくらい。だからこれからの数年間はここをキープすることで十分だし,キープすることでより多くの方々に学校に自然に関わってもらえるようになるのではないかな。」

    と。

     

     まさに。今をキープ。維持することで「地域と協働する」ことが特別なものではなくなり「あたりまえ」になっていく,ということだなあと思います。「する」から「している」へ。

     次の大きなステップは「する」から「している」だな。

     うん,次が見えてきた。