次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2018-11-20

    デザイン,アート

    06:24

     先日,建築関係がご専門の方とおしゃべり。

     その方は,アート,についてもたくさんの関わりをお持ちなので,聞いてみました。

    デザインとアート,について。

    組織とアートまちづくりアートってかなり関係が深いんじゃないか,って思いを確かにしてきていたし,なんとなく気になっていることだったので。

     いろんな方の見方を聞いてみたくて。


    「簡単に言うとデザインは編集,アートは感性や直感かなあ,ってボクは思っています。」

    とのこと。ふむふむ。

              

    「というと?」

    「デザインは理性,ともいえるでしょうか。編集は関係づけていくことでもあるから。」

    「理性だけでも面白くないし,感性だけでもうまくいかないこともある笑。ぼくの仕事はそこのバランスをとることかなあ」

     なるほど,です。

     理性と感性のバランス。どちらかだけでもうまくない(ときもある)。

      

     組織もそうだなあ,って思います。

    例えば教室,学校。理性的な人ばかりでもつまらないし,感性だけでいかれてもそれはそれで(笑)。職員室もそうだなあ。理性的な人ばかりだとなんか面白くなかったり,感性だけでばんばん進まれると,常に何が起こるか分からなかったり不安定(笑)

      

     やっぱりバランスだなあ。

      

     デザインの人,アートの人。

     個人の中にもデザインな部分とアートな部分ってあるし組織でもそう。その割合っていうか出し方の比率ってやぱりその場その時の状況・環境によって,それぞれでバランスをとった結果,とも言えそう。

     みんなが居心地良くそこそこ気持ちよくいられるように,それが継続するように個人でバランスをとれる,組織でバランスをとれる,そういうことが大事なんだな。

     それぞれがバランスをとれる,とっていいってこと。

     「まちづくり」とアートがけっこう結びついているのはつまりそういうことだなあ。土の人,とか,風の人,とかっていうのもつまりそういうことじゃないのかな。


     バランスを整える,プログラムデザインする…。

     やっぱりファシリテーションじゃないか。