次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館でおこないます。7月に内容をお伝えします。
  • 2018-11-15

    向き合うこと

    06:33

    「気になることがあるんだよなあ,」

    と言われます。

     その事情を聴いた上で,

    「じゃあ,直接伝えてみたら?そのほうがいいんじゃない?」

    と伝えました。

      

    「でも,相手が気分を悪くするかもしれないし。」

    「相手を怒らせてしまうかも知れないし…」

    「相手に悪気はないんだろうし,相手にもきっと事情があるんだろうし…」

     それだけ分かっているのなら,伝えられるんじゃないの?と思います。



     よくあることだと思います。

     よくあること。

     

     相手を非難するつもりじゃないんだったら,うまく伝えられるはず。なんとかしたいんだ,と本当に思うのなら何度でも,やり方を変えてでもちゃんと伝える場を持つしかないかな,と思います。もちろん,直接伝えられない場合や関係性もあることは否定しません。だから,必ずそうすべき,とも思いません。

     

     でも,言えない,伝えられない,でずっと我慢をし続けるのはどうなんだろう?それって自分で距離をつくっていることになるんじゃないかなあ,結局相手のせいにしているってことにならないのかなあ…,ともんもんと考えていました。


     そんな話をしていたら,こんなアドバイスをもらいました。



    「正式に投げかけたら?」

    「ケンカしたいわけじゃないんでしょ?」

    「それが『関係を創る』ってことだと私は思う。」

    と。

     



    「正式に投げかける」

    つまりオフィシャルな場とか,ちゃんと向かい合うとか。

    そうすることは,つまり,その場やそこにいる相手への信頼。

    そんな風に感じました。

     信頼関係を築きたい,と思うのならやはり逃げずにちゃんと向き合うしかないんだな,と思いました。

     ちゃんと向き合う,ってことは相手が受け止めてくれる,という信頼があってこそ。受け止めてほしい,と思うからこそ。

    「どうせ…」

    と思う前に(ex.きっけんかになる,とか,気分を悪くする,とか)まずはこちらが,相手を信頼して向き合うこと,だな。


     相手が怒ったり,気分を悪くしたとしたら,自分の伝え方,もっと言えば性根が悪かったってこと。そういうことだな。

    そう思ったほうがいいな。


     前に進める,そのほうが。相手に責任を押しつけると行き止まりだよなあ。f:id:motoryou:20181114094914j:image