次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館でおこないます。7月に内容をお伝えします。
  • 2018-09-20

    「道具を使うのは人」

    06:41

    昨日は、小中職員公民館まちづくり協会(本当は生徒さんたちも入れたかったけど)、みんなでの「雄勝大運動会」振り返り。

    ホワイトボード・ミーティング®️で。


    小中職員は学校の会議などで使っているので、多少経験済み。スキル個人差が大きいですが、それは自然なこと。

    みんなでわいわい話し、会議は拍手と笑顔で終わりました。こんな会議がこのメンバーでできたことが素直にうれしい。


    ファシリテーションスキル

    スキルだから練習すれば上手になる。

    練習しないと上手にならない。


    だから「質問の技」を使えば、自然にうまくいくわけではない。

    ホワイトボードを使えば、うまくいくわけでもない。

    あくまで、道具。


    「道具」を使うのは人。

    「道具」は磨かないといけない。

    みんなと取り組んだ、取り組んできた、という体験

    「みんなとこれについて話したい。」

    「みんなと一緒に次を考えたい。」

    になる。

    学びは関係性の中にあるって感じた昨日。

    「◯◯をすればうまくいく」なんて、そんな都合のいいことなんてないんだよね。

    はて、次のレベルの会議ができるように、またみんなで次のチャレンジをつくっていきたいな。

    その方が楽しい。