次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館でおこないます。7月に内容をお伝えします。
  • 2018-07-16

    キラキラ

    08:17

     石巻市雄勝町

     旧桑浜小学校を改築し,今は,こどもの複合体験施設になっているところがあります。モリウミス。勤務校の教育活動にも多くのサポートをいただいています。

    http://moriumius.jp/

    https://globis.jp/article/1332

     

     サステナビリティ(持続可能性),ダイバーシティ多様性),ローカル(地域性)。モリウミアスの理念は勤務校の学校教育目標とも重なります。

     地域の施設と学校。

     役割や立場はちょっと違うのかも知れませんが,目指す方向は同じ。

     目指す方向は同じ,そういうことを確認し合うことで,それぞれの強みを発揮できるチャンスは格段に広がる気がします。

     昨日は,機会をいただき,スタッフの方々やそこに見えていたライターさんやカメラマンの方ともゆっくりお話する時間がもてました。


     モリウミアスの縁側みたいな場所で。ちょっと曇っていてちょっとひんやり。緑がきれい。庭や廊下では,滞在していた子どもたち(4才から中2,その中には外国から参加してくる子もいたりして)がわいわい鬼ごっこしている,そんな中での1時間ちょっと。

     話しながら,

    (ああ,こんな風に考えていたんだね,自分。)

    とか,今まであまり意識していなかったエピソードも思い出してみたり。

     しっかり聴いてもらって話すのってなんか気持ちがいいなーって感じたそんな時間。


     お互い,どんな体験を積んでの今ここなのか,なぜそうしているのか,何のためにそうしているのか,そんなことを共有する。それができると「違い」が生きてくるよね,って思います。



     モリウミアスはモリウミアスの特徴や強みを活かして,学校は学校のそれを活かして共に進む,方向は同じ。そんな関係がまた一歩進めることができるなあ,と感じた時間。



     何かのタイミングで,何かが芽を出す,そんなことがまた起こるだろうな。


     そう思ってるとそうなる。経験上。

     よい予感を意識的にもつってこと。

     そ,「キラキラ」ってことだなー。