次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館でおこないます。7月に内容をお伝えします。
  • 2018-07-13

    「主体的」とか「意欲的」とか

    06:25

     「主体的であるかどうか」,とか「意欲的であるどうか」とか。

     よく授業研究の話題になったりします。

     「○○を使ったので,児童(生徒)は主体的に学んでいた」「意欲的な姿が見られた」とかって言い方もよく出てくくる言葉なんですが。


     確かに,そういう子もいたかもしれないけれど。


     例えばICT機器ををここで「使わせたから」とか映像をここで「見せた」からとか。


     んー,学びたいと思って「使おう」「見たい」と学習者が選択したり,するのが「主体的」「意欲的」ってことじゃないのかな?って感じる。


     自分が「主体的」「意欲的」なとき,「主体的」「意欲的」になるときってどんなとき?場合?


     反対に自分がそうじゃないとき,そうなれないときは?

     そういうことをセットに考えたいな。


     私は「主体的」「意欲的」には自分でそうなりたいし,そう「させられる」(これは本当の意味のそれではないから)のは,ちょっとやだな。


     それに,いつでも何でもそうある必要もない,と私は思っています。