次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館でおこないます。7月に内容をお伝えします。
  • 2018-05-03

    「したい,やりたい,見たい,聞きたい…」

    10:59

     自分たちの「したい,やりたい,見たい,聞きたい…」みたいな「…たい」を少しずつカタチにしていく,それぞれの,それをつなげていく,そんなことがしたい。

     きっとそんなことの積み上げが,「自信」とか「勇気」とか「自立」とか,そんな大きな大きいなテーマに近づいていく一歩一歩になると思っているから。

     全部は思い通りにならなくても,ここまではできたやれた,今回はうまくいかなかったけど次はこうしたらいいかな,そんなことの積み重ね,継続。

     自己選択と自己決定。小さなところからいうと「カレーが食べたいか,ラーメンが食べたいか」みたいなことも含めて。それはもちろん「カレーが食べたいから,カレーにする,と決める」もあるし「カレーが食べたいけど,事情によりラーメンにしておこう,と決める」もあり。ようは自分で決めた,と自分で思えるかどうかかなー,と思っています。


    子どもたち,先生たち,中学生,地域の人たち。

     

     それぞれの「…たい」をつなげる,一致点をお互いに探っていくそのプロセス。それがこれからしたいと思っている,うちの学校らしい「総合的な学習の時間」。学校教育目標とがちにつなげていくつもり。つなげていくのは,私でもあるし,一緒に創る先生方,子どもたち。一緒に進みながら,学びながら目指して行くそんなイメージをもってプロセスをつくっていきたいなあ,と。

     それが私の「…たい」

     今年の学校の「総合的な学習」の舵取りができるポジションを与えていただいた。先生方も子どもたちも,そしてできれば地域の方々も,一緒に学びながら,網の目のように広がったそれぞれの「…たい」をそれぞれが主体的につなげていける,つなげやすい,そんなプロセスがつくりたいな。

     「ひとやまちが元気になる」ってたぶんそんなイメージ。


     そうなると,きっとみんな勝手に前に進み出せるんだと思うなあ。

    新しいチャレンジを楽しみたい。