次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館でおこないます。7月に内容をお伝えします。
  • 2018-04-04

    コミュニケーションの量をまず

    06:46

     4月,新年度。第1回職員会議。新メンバーを迎えての大事な大事な最初の職員会議。

     

     オープニングは定番となった「シャベリカ」から!

    今回は新しい「宇宙兄弟バージョン」を使用。

    https://teamgame.stores.jp/items/5a20f3f5c8f22c232b000135

    https://www.djn.co.jp/educational/sp/s_brothers/

     小中教員がごちゃ混ぜに座ったグループごとにカードを引きながらのおしゃべり。笑い声でスタートできる会議っていいよねって思います。



     コミュニケーションの量があって質に転換する。これは今まで学んでも来たし実感してきたことでもあります。だから月1回職員会議たった5分だけど続けてきました。地味だけど,続けることで何かがなんとなーーく変わります。

     うん,なんとなーく。

     浅く楽しい話題で話せて,深くしんどい話しもできるようになっていきますから,ね。

     まずはおしゃべりをつみかさねましょうってことで。



     その後の校長先生の話。

    「新しく入った人からみると,職員会議のこの入り方には面食らうかもしれませんが…。これがなかなかいいんですよ。やっていくとこの良さが分かってきます笑」

    「では,第1回目の職員会議なんで,今年度の学校経営方針についてお話します。…」

     おお,この展開はうれしい。この後押しはうれしい。

    支えてもらっている感を感じます。


     その後の「教務部から」では,タックマンモデルのチームの発達段階を提示しながら,

    学校教育目標をみんなで目指しながら,楽しくチャレンジしていきましょう。」

    とお伝えしました。

     それぞれの強みを活かし,弱みをカバーし合いながら一緒に前に進む,開校2年目のチャレンジが始まりましたー。