次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2018-03-30

    違うから学べる、違うから協働できる

    07:54

    今年度も終わりますね。

    「違うから学べる、違うから協働できる」

    今年度を振り返った時に、最も強く感じる「収穫」はこのことを実感できたこと。

    今までだと、自分と同じ感覚だったり考え方があるだったりする方から

    「多くのことを学べた!」

    という思いを持つことが圧倒的に多かった気がします。

    でも今年度、いろいろな大きな変化の中で私の中に落ちていったのは先ほどのこと。感覚のちがい、考え方の違い。違うからときにぶつかるしイライラするときもあります。でも、それは私にとってはとても大切な経験でした。そこから大きな学びを得ることができたし、違うからこそ今は大きな力を貸していただけています。ときに独りよがりになりがちな考えにも、立ち止まってみる機会を与えてもらったりもしました。

    今は、そんなチームの解散が少々寂しい。一人去り、また一人去るこの時期の職員室は、笑い声は絶えなくても、なんか寂しい。


    その思いは、ボスも同じだと思うんだけど、私ににひとこと

    「早く、来年度始まんないかな。楽しみだよな!」

    って。

    もう次を見ているんだなあ、と思いました。その一言で踏ん切りがついてしまいました笑。

    いつまでも後ろを見ている場合ではありませんね。さ、次いこう。

    「そうですね!」

    と応えました。

    やる気になるなあ。