次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2018-03-24

    やれることをやり続けていこっと。楽しんで。

    11:40

     意志をもって何かを続けて行けば,何かが変わってくるなあと実感できたこの1年。(あ,年度で考えているんで…)

     

     以前,ある方々と一緒に対話しながら作成した自分のマニュフェスト。

    「 私は,全ての人が尊重される社会の実現のために存在します。つまり,私には,お互いがお互いを尊重し合う社会を実現したいと願う人のために,対話のきっかけをつくるという意志があります。

     なぜなら,自分自身が私の思いを大切にしてほしいし,生きたいように生きることが誰かの役に立つことを願っているからです。

     私がサービスを提供する相手は…(以下続く)」

     かなり大それたものだし抽象的なことで,

    (自分に何ができるかな?)

    と思うこともあるんだけど,でも,できることできそうなことからやっていくと,案外その方向に進んでいるんだよね,って思う。

     昨日と今日を比べると

    「ぜんぜん変化無いじゃん」

    と思うけど,

    「一年前と今だったら,かなり違うなー。進んで来られたなあー」

    って思うことがたくさんある。


     できないとか,無理とか言ってるよりも,できることできそうなことからでいいから,意志をもってやり続けるってことなんだなあ,と思う。それが結果「たぐり寄せる」になるんじゃないかな。


     「協働」「協同」も自立した個人を求めることなくしてはうまくいかない,そんなことも感じる。

     さて,今年度から次年度へ。

     やれることをやり続けていこっと。楽しんで。