次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館でおこないます。7月に内容をお伝えします。
  • 2018-02-19

    教育シンポジウムin石巻

    21:20

     このシンポジウムに勤務校の一人として参加・報告しました。

     実際に報告してくださったのは,実践面を支えてくださったモリウミアススタッフIさんとこども芸術の村Hさん,学校評議員のYさんと担任のMさん。私は,進行役だけ。

      

     シンポジウムのテーマは「なぜ学校と地域が連携するのか」

     私の中では,

    子どもたちを地域のすてきな大人にもっともっと出会わせたい。多様な価値観の中で,自分の強みに気付き,その発揮の仕方を感じて欲しい」

    というものでした。


     学校評議員さんの話からは,子どもたちの姿やその頑張りが地域の大人に元気や新しいつながり,関係の広がりを生むことにも気が付きます。

     学校,地域,関連団体・組織。「三方よし」のための対話を積み重ねること。

     簡単に言えば,名前で呼び合える関係をもっともっと広げていくこと。そんな感じかなあ,と思いました。

    f:id:motoryou:20180219211918j:image

    f:id:motoryou:20180219211955j:image