次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年も引き続き計画します。
  • 2018-02-14

    ちょっと乗り越えてみる

    06:12

     課題を共有できれば,解決に向けて動きだせる一歩となる。

     そこにはその「課題」を「課題」と感じられるか,とか,同じように「課題」と感じるか,とかの違いがあって,その溝を双方で埋めていく作業が必要になってくるんだけど。そこが時間がかかるんだけど大事なとこなんだなあ,と思う。

     

     うまくいかなさは,どこかに不安があるってこと。その不安は何か,何がその不安を生んでいるのかを,ちょっと観察したり聞いいたり感じようとしたり,そんな間というか時間がいるってこと。アセスメントっていってしまうと難しく聞こえるけど。いったん受け入れてみるってことかな。自分側から一歩近づいてみること。

     (どうも考えが違う…)

    とか

    (感じ方,ものさしが違う…)

    とかって思ったときこそ,そういうことが必要になってくるなあ。自分を守るために引いたボーダーをちょっと乗り越えてみて,交信しようとする,交信を試みる。

     きっとそんなことが課題をなんとかしていくコミュニケーション能力