次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2018-01-31

    元気になる会議

    06:45

     新年度計画全体会,1回目。

     90分間の長丁場。

     終わったあと,新任の(昨年別な中学校で講師をしてきた)養護の先生は

    「こんなふうにがっとり反省会をやるなんて!今までそんなことなかった!」

    「みんないろいろ意見を言っていてー。私はなんて言っていいのか分からなかったー。明日は保健の分野だから言おうっと!笑」


     わりと良い感じの会議になってきているのかもな。


     学校運営は校長先生が中心になることはそうなんだけれど,一人一人の職員がそこに主体的コミットすることは大切な事。だから会議は大事。会議と会議の間が大事。

     会議への主体的参加は,学校経営の主体者に一人一人がなることであり,授業で言えば主体的な学び,といイコールなんだと思っています。

     一人一人の会議への主体的参加。それがしやすいシステム作りを今後考えて実践していきたい。


     目指すは「元気になる会議」

    「元気になる会議」は「元気になる授業」と同じ事。