次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2018-01-19

    「受け取りましたサイン」

    07:28

     聴いてもらえるとうれしい。

     受け取ってもらえたんだな,って感じるから。

    伝えたことがうまくいくか,いかないかってことよりも

    「聴いてもらえた」

    こと自体でうれしい。

    「聴いてもらえた感」は何で感じるか,というとそれは言葉じゃない。言葉の選び方ってのもあるけど,それ以上のものがある,私はそう思っています。

     

     表情,しぐさ,間…。そういうものが発するメッセージは言葉以上。

    昨日は,あることで事務の先生にお願いごとをしました。他の機関との調整にかかわる「ちょっと面倒」なこと。でも,

    「なるほど」

    といい,すぐに先方に電話をして交渉してくれました。

     結果すぐにではないけれど,改善してくれることになりました。

    うれしい。改善してくれることになったこと以上に,

    (え?今電話してくれるの??)

    というところが,うれしい。


     受け取ってもらった感,半端ない

    事務的なことが遅れがちな私なのに…。メーワクかけることも多いのに(涙)

    (こんどからは彼からの依頼は,第一優先だな!)

    と決心。

     そういうもんなんだなあ,と思うのです。

     いつもいつもすぐ対応できることばかりじゃないけれど,少なくとも

    「あなたの言いたいことは受け取ったよ」

    というサインを出すこと。

     納得したのなら,小さくてもいいから行動として「受け取りましたサイン」を示すこと。

     それを大事にしたいなあ,と思ったのでありました。