次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2018-01-12

    エンパワメント

    06:34

     「よい話し合い」は組織や人をエンパワーする。

     目的や目標を共有できる話し合い,そのためにすること,したほうがいいことが分かる話し合い,自分がその中でできる,やりたいミッションが分かる話し合い,目的や目標の中で自分の役割の位置づけがはっきり分かる話し合い,みんなのサポートも得られることが分かる話し合い。

     

     そして「自分が周りの環境に影響を及ぼす能力と権利を有するという感覚」をそれぞれがもてること。

     そこに向かうプロセス

     よい話し合いとその後の動き,その後の対話

     それも含めてプロセスかな。

     ようは,「私は必要とされている」と思え,「私には力がある」と信じられること。

     そのプロセスをつくる,みんなでつくる。そんなイメージ。

     螺旋階段をみんなで登る絵かな。

     エンパワメント

     そのためのプロセスを,どうやったら作れるのか。それを考えるのが仕事。

     だから,,「あなたは必要ではない」「あなたには力がない」と(暗にでも)(それが善意だとしても)発するメッセージには敏感でありたい。