次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年も引き続き計画します。
  • 2017-10-09

    『学び合い』ミニフォーラム

    17:12

     昨年度,第12回教室『学び合い』フォーラム2016in宮城を,宮城・福島の仲間たちと開催しました。

     教員だけでNPO団体,図書館員,まちづくり団体,地域の方々と共につくれたのが成果の1つ。

      

     その動きを継続していくことを大切にしていきたい,と考えミニフォーラムを継続していくことにしました。

    学び合い』と地域社会,コミュニティを緩やかにつなげていくことを考えています。

     ご参加,ご支援ください。

    http://www.kokuchpro.com/event/3d79030f9f4499664cd3da70151b00ea/


    f:id:motoryou:20171009171743j:image

    f:id:motoryou:20171009171805j:image

    上越高田のまちづくりの一端

    08:02

     越後『学び合い』の会に参加して,そのまますぐに返らずに一泊しました。

     それは大正解でした。

     バス時間までの間,上越高田のまちをぶらぶら歩きました。「高田まちなみ歴史散策」。

     新しい商店街もあり,昔ながらの商店街もあり。

     新しい商店街では「城下町高田花ロード」(城下町高田花ロード実行委員会主催)というイベント。店の前に,生花や花をあしらった作品などを展示していました。商店だけで無く,保育所とかデイサービスなどの介護施設などの作品もあります。http://hanaroad.honcho.jp/

     そんな作品を見ながらぶらぶら歩きました。

     その後,雁木が続く古い町並みへ。

     雁木とは,雪国の冬期間の通り道としてとして造られたもの。各戸が通りに面した軒先を道路側に延長し,雪がたくさん降っても,通り道をみんなで確保できるようにしているもの。

       

     ここを歩くのがすごく楽しい。

     ちょうど「越後高田町家三昧(秋ノ巻)」(越後高田町家三昧世話人会主催)というイベントをやっていました。

    所々に「お休み処」というのぼりががあったり木のベンチがあったり。そしてご案内のチラシが自由にとれるように吊してあったり。歩く人へのちょっとしたメッセージがあったり。

    http://hand-shake.jp/event/2016/10/-1030-1.html

        

     チラシをみると,雁木の歴史や造りの違いが分かります。そんなことも気にしながら,ぶらぶら。

        

     パンフレットを読んでいくと

    「およそ16キロに及ぶ高田の雁木通りは日本一の長さ。城下町高田を象徴する景観であるとともに,『ゆずりあい・助け合い』の心が形になった文化遺産であるといえます。」

    と。

     まさに。

     上越高田のまちづくりの一端に触れる時間でした。


    【追記】

    https://sites.google.com/site/takadagangi/home/aboutus

    会長の挨拶。

    「『雁木』という形を残すだけでなく、『助けあい、思いやりの心』を次の世代につないでいきましょう。 」

     きっとここに,多くの方々や諸団体をつなげるメッセージがあるんだなあ,と。それと,すんなりとこうなっているわけではないということ。ここまでのプロセスにこそ,まちづくりの本体があったはず。表面だけ見て「すてき」は誰でも言えるなあ。私が上越高田をほんの2時間歩いて見たのは「点」。

     見えないプロセスの連続の中の「点」

     クラスづくりも,学校づくりも。研究授業や公開研究会は「点」。点であることを意識すること。点をつないで線にする,線を重ねて面にする。そのプロセスを編むこと。

       

     

       

     

    F-KatagiriF-Katagiri2017/10/09 12:58ようこそいらっしゃいました。我が高田の街へ。雪が降って,飲み会の後,雁木を通って帰るのが,結構風情があっていいんです。

    motoryoumotoryou2017/10/09 17:22隠れ家的な雰囲気も,また自分が小さかったころの町並みの雰囲気も感じたりしながら,いい時間を過ごしました。好きなまちになりました。