次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2017-09-22

    「学び合う職員室」は「学び合う学校」につながって行く

    06:23

     同じ職員室の中学校の研究主任さんから,中学校の先生方を対象にしたホワイトボード・ミーティング®の校内学習会の依頼がありました。

     ファシリテーションについて知りたい,という要望のようです。

     「認定講師」という肩書きもあるので,ホワイトボード・ミーティング®ならお引き受けできます。

     10月にある,東北地区へき地教育研究大会での公開授業で,中学校の先生方数人が生徒さんたちのグループ対話に入ることになっていて,そこで生徒さん方の意見や思いを引き出しながら前に進んでいけるようにしたい,そのためのスキルを学びたいというご要望のようです。

     先生たちがファシリテーターになるチャレンジだなあ,と。先生たちがファシリテーターとしてのチャレンジを始め,そして生徒さんたちもお互いのファシリテーターに育っていく。そういうプロセスが作れれば,学校全体がお互いを尊重し合い強みを活かし合えるコミュニティになっていけます。

     中学校の先生方も力のある方ばかり。楽しみです。


     私にとっても,それをお手伝いできる大きなチャンスをいただいた思いです。研究主任さんと相談しながら,ます30分×3回の練習会の仮予定を組みました。


     先生方のニーズをもう少し詳しくお聞きしながら,まずは「生徒さんの力を信じ,へき研の公開授業に安心して臨める準備」ができるように,内容とプロセスを考えます。

     私にとってもドキドキわくわくのチャレンジです。

     「学び合う職員室」は「学び合う学校」につながって行きますから。