次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2017-09-15

    べんきょうは遊び,遊びはべんきょう

    06:20

     運動会が終わった今週から,全校朝学習第1回をスタート。

     週2~3の実施でスタート。学級で使いたいことや集会もあるので。まずはゆったり。

     この時間の目的は,「学ぶことが楽しい」「みんなと学ぶことが楽しい」と思えるようになること。学ぶこと遊ぶことは同じだな,という感覚をもてるよになること。自分からやりたい,やる,と思ったことは,すべて楽しいにつながっていく。「楽しい」という感覚を大事にしたい。楽しい,を自分や自分たちでつくるというイメージ。

     学校教育目標「自ら考え,共に歩み,未来を拓く子どもの育成」を強く意識。たった15分の活動でも,そこに緩やかにつながっていくように。

     焦って,いわゆる「勉強」に入らないことにした。今日は,縦割りチームで,大きめのホワイトボードを使い,チームしりとりチャレンジ。マーカーをバトン代わりにして,制限時間内になるべくたくさんしりとりを続ける,というもの。「チーム(異学年)で助け合う」「チームでチャレンジを楽しむ」「競争相手は過去の自分,自分たち」という感覚を味わう1回目。遊びは勉強,勉強は遊び。

     ちょっとの間,全学年で,いわゆる遊びを通して,「学ぶことは遊ぶこと,遊ぶことは学ぶこと」について考える・感じる体験をちょっと積み重ねてみたい。それから,いわゆる勉強「全校学習」に入っていこうかな,と考えているところ。

     時間は15分しかない。だから,その時間だけで多くの事を求めすぎないようにすること。その時間が「きっかけ」となればそれでいいし,数人の子の学ぶコトへの意識がちょっと変われば,それは他の子に伝わっていくはずだから,それどいい。

     肩の力を抜いて,みんなで学ぶのって楽しいな,と思えるきっかけづくりになればいい。それくらいの気持ちで。