十人十色・宮城

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 今年度からは全校児童5人の学校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでみたいと思います。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを計画中です。
  • 2017-09-02

    若いってすばらしい!変えられる力ってすごいなあ

    07:44

     実習生K君,昨日とは授業の展開をがらっと変えてのこの日のチャレンジ。

     

     子どもたちに,課題を明確に提示し,子どもたちに委ねる部分を多くした授業展開に改善。教室で黒板を見るスタイルから,教室隣のフリースペースに場・円形テーブルへと場を変えてのチャレンジ。

     ホワイトボードには,「今日の課題」①・・・・②・・・・と明示。

     そして

    「さあ,やってみよう!」

    と。

     おお!?

     一日の振り返りでは

    「昨日は,自分で進めよう進めよう,と思えば思うほど子どもたちのやる気が下がっていったのを感じた。それを感じて自分が焦り,さらにぐだぐだになってしまうという悪循環。だから今日は,課題をはっきりさせ,自分も子どもと一緒に学習を楽しむことを,考えてやってみました。子どもたちからも,楽しかったと言ってもらえたし,自分も今日の授業は楽しかった。次からの活力になりました。」

    と。彼の吸収力半端ない

     ホワイトボード・ミーティング®定例進捗会議のフレームを使った振り返り

    【発散】今日,どうだった?

    収束】良かったこと1つ,課題や困っていること1つ

    【活用】これからどうしたい,どうなるといい?

    そして「質問&アドバイスタイム」

     教育実習生K君の吸収力も大した物。それと一緒にこの「振り返り,次へのチャレンジ」サイクル,いいなあ。毎日その日のエピソードを振り返りながら,進歩と次へのチャレンジ確かめる。

     だから次の日は

    「今日のチャレンジはここ」

    からスタートできる。

     指導教官の6年生の担任の先生と毎日,これができるのも大きい。6年生の担任の先生も一緒に参加しながら

    「というと?」とナイスサイドワーカー。

    同じ

    07:08

     5年生の担任の先生が出張だったので,1,2時間目は補欠で5年生に。

    やっぱり,朝から教室っていうのはすてき。やっぱり教室はいいね。

    「補欠である」という分際はわきまえないといけないとおもっていますが,内心はテンションあがります笑


    「もっちゃん先生,○○?」

    とかって呼んでくれるだけで,なんか癒やされる~。

     職員室で仕事をしていたり,大人と話し合いとかしているとそういうことはあまりないからなあ~。


     そんなわけで今日は5年生と一緒に学習を2時間。


     今,教育実習プログラムデザインをし,まさに現在進行形だけど,それと子どもたちの学習・授業はやっぱり同じ。

     目標を自分のものにし,チャレンジし,仲間と一緒に取り組み,振り返り,進歩したところを確かめつつ,次へのチャレンジを見通し,「さ,次いこー」へ。



     大人も子どもも同じ。

     職員室の学びもまた同じ。