次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2017-08-30

    教育実習生をお迎えしました

    06:35

     昨日から教育実習K君をお迎えしました。K君は私が旧雄勝小学校時代の時に担任していた子(今は「子」ではないが)

     紹介の会は,簡単な自己紹介をしてもらった後に,ウブンツカードを使って,「カードの共通点探し」と「自分たちの共通点探し」。小さな楽しいコミュニケーションを,機会があるごとにちょっとずつ重ねて行くのが私の方針

     その後は,K君と一緒に実習計画づくり。

     ホワイトボード・ミーティング®の定例進捗会議のフレームをつかって

    【発散】教育実習期間,どんな感じですか?

    収束】特に大切にしたいこと3つ

    【活用】どうしたい?どうなるといい

    で,ざくっと方向性を共有していきます。

     その後,大学から預かっている「実習の手引き」にある「目的」と「評価基準例」を一緒に見ながらルーブリック評価表づくりを一緒に。「下される評価」でもなく「なんとなくの評価」でもなく,お互いのチャレンジできるものにするため。なかなか難しい作業だし,まだまだ基準に曖昧な点が出てくるんだけど,それは改善できるところはしていきたい。自分でつくる評価基準というのもよい学習になるんじゃないかと。

     そういう作業も,教室教室の間にあるフリースペースで行いました。子どもも大人も同じ空間で学ぶという雰囲気を私たち大人も子どもたちにも感じることが大切って思っているから。「大人が教える,子どもは教わる」ではなく「子どもも学ぶ,大人も学ぶ」を日常のものにして行きたいから。学校教育目標の中の「共に歩み」ということ。

     1日の振り返りは,再びホワイトボード・ミーティング®の定例進捗会議のフレームで。実習担当教員の方と一緒に3人で。

    【発散】今日,どうでした?

    【発散】良かったこと一つ,困っていることや課題1つ

    【活用】明日はどうしたい?どうなるといい?

    ○質問&アドバイスタイム

     1日を振り返り,あしたのどきどきわくわくのチャレンジにつなげる,つながるといい,そんな教育実習1日目。

     実習生だけが学ぶのではなく,職員室のメンバーも一緒に学ぶ,そんな教育実習期間をプログラムデザインするのが私のチャレンジ。

     みんなが学び合うことを楽しめる期間にしたい。

    「ちょっと大変だったけど楽しかった」になるといいな。


    主体的に学ぶ,学ぶことを楽しむ,チャレンジを楽しむ,そんな2週間に。