次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2017-08-17

    道具は夢じゃないね,やっぱり

    08:00

     ドラえもんの「道具」は,「夢」を与えたか?

     

     「明日があるさ」(重松清)の中には,そういう問いかけが出てくる。

    明日があるさ (朝日文庫)

    明日があるさ (朝日文庫)


    のび太の道具の使い方は「夢」を叶えるものだったか?

    スネ夫ジャイアンが「道具」を使えば,「夢」を叶えることにはならないのか?スネ夫ジャイアンだって,「夢」はあるよね。


     自動車は「夢」を叶えたか。

     ナイフ,はいい道具?悪い道具?

     原発はどう?

     核兵器すら,「平和のために必要」という人もいるかもしれません。

    人工衛星を飛ばす技術と,ミサイルの技術ってにていたんじゃなかったかな?

     「人工衛星」だっていろいろあるしね。

     

     

     うーん。道具は道具。

     道具は夢じゃない。

     やっぱりそうだな。時々ごっちゃになってしまうよね。


     道具の先に何があるか,何を見たいか。

     それはけっこうシンプルだと思うし,実は全ての人と共有できる絵じゃないかな。