次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2017-07-28

    苦手なモノは苦手なんだなあ…(^^;)

    06:35

     8月3日は,学校の引っ越し。新校舎への移転。だから,現在は諸表簿の点検と同時並行的に,学校の荷物のまとめ,片付け,荷造りみたいな感じ。もうばたばた。

     教務主任の私は,こういう場合,全体指揮,みたいな役割をしないといけないのかな…なんて思うところもあります。ところが私は,「全体を仕切る」みたいなことはどうも苦手。先頭にたって指示したりするのがどうも…という感じ。

     それは,自分では「こうだ」とか「こうした方がいいよね」というのはあっても「他の人は違うかも知れないしね…」と思ってしまったりして,明確な指示をだすのに躊躇してしまうところがあります。


     だから,こういう,とにかく能率的に作業をこなすみたいな引っ越し作業で指示をばんばん出していくのはどうのダメ…。

     「教務主任」ってういう肩書きがあるから,

    (仕切らないといけないのかなあ…)

    という思いはあるにはあるけど,そう思いながらも,今ひとつなところがまたストレス(笑)

     一方で,こういうのが得意な人もいるわけで。だから,得意な人にやってもらってもいいかなあ,と今回はなんとなく感じている。だってその方が,スムーズに進むし,お互いに気持ちがいいし。私は私ができることを一生懸命すればいいかな,と。

     だいたい,どこかにぎくしゃく感がでるのは

    (ここは,私がしないと…)

    とか

    (それは,私の仕事,役割だ)

    とか,そんなことを感じ始めて,無理をしつつ,それでいらいらしてしまうとき。

     得意な人が得意な分野でやればいいんだよなあ,それで自分が得意なことをお互いにすれば,それで良いんだとお互いに思えればいいかなあ…。

     整理整頓もちょいと苦手な私は,どうも「引っ越し」作業ではアドバンテージは少ない…みたい。残念ながら(苦笑)

     ならば,自分が得意な分野,ことで皆さんの貢献できるようにがんばります。

     苦手なものは苦手なんだもんなあ…。

    だからって開き直っている訳でもないんだけど…。

     得意な人には,分かってもらえないかもしれないけどー笑