次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2017-06-03

    自分もみんなも気持ちよくすごすために

    10:38

     昨日は,遠足でした。

     

     今年は担任をもっていないのですが,この行事の担当なので,全体に向かって伝えたりする場面があります。

     望ましい人間関係を育むこともねらいの一つ。

    「自分も,友達も,先生たちも,ここで案内してくれたり,出会う人も,みんなが楽しく気持ちのよい時間が過ごせるようにみんなでしていきましょう。挨拶をすることも,その一つになると私は思います。」

    と伝えるようにしました。

     「挨拶をしなさい」

    というふうには伝えたくなかったので。


     活動の節目節目で,

    「どうだった?」

    と尋ねるようにしました。

     挨拶をしたほうがいいことは,子どもたちは分かっているし,そのほうが楽しいことは分かっているので。

     する,しようとするタイミングはそれぞれなので,「一斉に」「みんなが」できなくてもかまわないと思っています。


    大事にして欲しいことは,「自分も,みんなも,楽しく気持ちのよい時間を過ごせるようにお互いに配慮すること」だったので。例えば「挨拶をする」事自体が目的ではないので。

     「挨拶」だって,時と場合によっては,それに反する事だって考えられるわけですから。