十人十色・宮城

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 今年度からは全校児童5人の学校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでみたいと思います。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを実施します。http://www.kokuchpro.com/event/3d79030f9f4499664cd3da70151b00ea/
  • 2017-05-24

    まずは失敗0にする

    06:32

     「まずは失敗0にする,小さな成功体験の積み上げ,それから大きな飛躍にチャレンジ」

     ちょんせいこさんが,ことあるごとに話すエンパワーの法則。

     まさに,である。そのためのファシリテーションスキル。そこを理解し練習する。そして子どもたちにも受け渡していく。子どもたち一人一人も,友達にとっての「よきファシリテーター」になる,そうなれば,「一人一人違う」ことを前提に,それぞれがそれぞれに合ったチャレンジをそえぞれに合ったタイイングですることができるようになる。

     失敗か成功かは,それを「失敗」として終えてしまえば「失敗」。でも,成功までのプロセスとすれば「失敗」も「成功」

     きっとそんな感じなんだろう。失敗や成功も決めるのは自分や自分たち。


     教室職員室も同じだから,職員室の学びの中で,それぞれがお互いの「よきファシリテーター」になる練習をし,「まずは失敗0にする,小さな成功体験の積み上げ,それから大きな飛躍にチャレンジ」のエンパワーの法則を体験してみる,そんなプロセルをゆっくりゆっくりつくっていけたらいい。

     だから,どんな学校だと居心地がいい?というのを大人も子どもも一緒に話し,目指すイメージを一緒に確かめ合い,ブラッシュアップしていこう。

     校内研究ってつまりそういうことなんだと思っている。