十人十色・宮城

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 今年度からは全校児童5人の学校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでみたいと思います。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを計画中です。
  • 2017-05-02

    職員室も,5月は次のステージに

    06:02

     8:15になると,職員室のメンバーで朝の挨拶をします。

    「おはようございます。今日も一日よろしくお願いします。」

    と声を掛け合うくらいのもの。これは統合前の大須小学校の習慣。


     春から雄勝小学校と統合し,旧大須小学校校舎で「新・雄勝小」としてスタートし1ヶ月。この朝の挨拶も続けている。大須小時代とちょっと違うのは,挨拶のあとに

    「あ,今日はこれがあるので,○○を子どもたちに確認してくださーい」

    とか

    「○○くんなんですけど,今日は・・・・なんで,声掛けてみてくださーい」

    とか,そんな非公式な打合せみたいなことが行われる。意外とこの時間がいい。

     職員室の机の配置が,そもそもサークルに近いので,職員室のサークルタイム,みたいな感じ?

     以前

    「今日の給食メニューはカレーですから,がんばりましょー」

    と用務員さんが言って,みんなで笑っていたのは印象的な場面。

     

     毎日,こうしてちょっとしたお互いにコミュニケーションを取り合い,確認し合う場が毎日あることって(時間としては5分くらいなものなんだけど)けっこう重要だなあ,と感じます。ここがあると,それ以外の場でも,多様にコミュニケーションが促進されます。

    「朝に聞いた,あのことなんだけどさ…」

    みたいな感じ。今年は職員室にいる時間も長いので,そういうのがよく見えます。

     コミュニケーション不全が起こると「不安」が高まり,「不穏」な行動になります。それは子どもも大人も同じこと。だから,私の役割でもっとも重要なのは,そこを肝に銘じ,子どもたちも先生方も一人一人の強みを生かして前に進めるような場づくりをすること。円滑なコミュニケーションを促進する環境を整えること。失敗があっても笑って

    「さ,みんなでなんとかしよー」

    「さ,次いこー」

    って感じに,みんなでしていける場をつくること。私だけでつくれるわけじゃないから。


     2つの学校が一緒になって一つの職員室をつくった4月,正直言って,そのころは「明るい」んだけどなんか,「固い」,「敢えて明るくしている」みたいなところがあり少々疲れもしました。でも,それは新しい職員室を創っていくプロセスとして必要だったことでもありますね。ほんと,4月のクラスと同じ(笑)

     5月に入りました。職員室としても,一つギアがあがっていく,そんな段階に入っていきますね,きっと。

     

    ogymogym2017/05/02 23:26ちょっと気分が落ちたので励まされました。
    さ、次いきますー^^

    ありがとうございます!

    motoryoumotoryou2017/05/03 06:16私も4月前半は,統合の中での環境の変化もあり,どうも調子が出ずもやもやしていました。「自分が」なんとかしようとすると,なんともならず,いらいらもしますね。やはり,自分ができることをやり,できないところは,みなさんの力を借りるしかないんだな,と思うと「そりゃ,そうだ」となります。クラスと同じだなーって思います。