次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2016-08-28

    「今でも,もがいているよ。」

    22:26

     『学び合い』フォーラムのシンポジストとして登壇していただいた,近江弘一(女川みらい創造株式会社)さんと再びお会いしてお話をする機会をいただいた。

     まさに役得。

     シンポジウムの続きの話ができた感じ。

     「何回も言うけど,地域とどう関わるかを考えて行くことかな。」

    女川のまちづくりの先頭にたって活躍している方。でも,お話をしていく中で,勉強が苦手な子,家庭が大変で日々の生活にも困る子の話にも至る。シンポジウム前にご挨拶に伺い,インタビューさせていただいたときもその話になったことを思い出す。そこを見て,いまここ,なんだと感じる。

     

     「中学を卒業すると,結局,『成績』で輪切りにされてしまうじゃない。そこでモチベーションを無くしてしまう子がいることは,本当にもったいない。」

    と。

    「それもあって,スポーツクラブ(コバルトーレ女川)もつくったんだ。」

    と。

    「だから,クラブの施設には,勉強部屋もあるんだ。スポーツクラブ+塾みたいになるのもいいな,と思って。」

    と,これからのことも話してくださった。そういえば,女川に将来的に学校をつくりたい,ともおっしゃていた。

     「何かやりたいなら,理念が必要だよね。じゃないと,人に納得してもらえない。」

    「私の目標は,生きてるうちにかなわないと思う。でも生きてるうちにその道筋だけはつけたいと思っている。」

    「今でも,もがいているわけ。」


    もがく,か。奇しくも,同じ言葉をここでも聞くことができた。

    もがき続ける,ってことなんだなあ。苦しいけどね(笑)それでも,目指したい理念があるか,どうかなんだなあ。

    念ずれば花開く

    08:54

    「みんながなりたいと思ったら,なれるよ。」

    クラス目標とか,どんな2学期にしたい?とかもそうだけど,その集団が,本気でそうなりたい,と思い行動するならそれは実現するよ,ということ。

     その本気っていうのが大事で,その目標を「本気」で実現したいと思うものにしていく,というプロセスが実は大事だったりする。

     「目標」が「立てさせられる」もの,みたいになってしまうと本気で達成したい!とはならず,目標を立てること自体が目的になってしまいがち。目標を達成させられる,なんてことになってしまうと,残念。


     (当たり前ですが)達成したい目標を立てよう,と伝える(笑),目標達成のイメージをみんなで共有する,その目標に向けてチャレンジしている姿をモニターしたりサポートしたりする。


     みんなが本気でなりたいと思って,行動し続けたら,やっぱり実現するものなんだなあ。難しく考えることもない。そこを応援し続けるのが担任の役目だったりする。目標を忘れないでいる,ことでもある。

     念ずれば花開く,っていうけど本当だと思う。

     本気で目指したい目標を立てること,がまずは最初。