次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2016-08-24

    米づくりと人づくり1

    06:51

     先日,ある米づくり農家の方と福祉施設の方と,合わせて5人でおしゃべり(打ち合わせ)する機会がありました。

     というのは,9月にある地域団体の主催で「福祉(くらし),その来し方行く末,居場所・出番,生きる場所」というテーマでNPO団体の方,農家の方,そして学校・教室という立場で私,と三者がシンポジストみたいな感じで話す会があるからです。

     「農家にとっては,田んぼは遊び場なんですよ。そこにイナゴザリガニ,そんな生き物もいて欲しい。」

    「確かに効率的,も必要なんです。そうでないと食べていけない現実がある。でも“楽しく”仕事がしたいんです。」

    「みんなで汗ぶったらして稲刈りするとかね,大変だけど楽しいんですよね。」


     大事なことは,どんな仕事場でも同じなんだなあ,と思ったのでありました。

    教室や学校に翻訳しながら聞かせていただきました。すごくおもしろい。