次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2016-08-22

    「赤いポロシャツ」

    22:04

     今日,ある方からメールをいただきました。

     

     フォーラムに参加してくれた,ある保護者の方から。

    「木村先生のところに連れて行ってくれた,赤いポロシャツのスタッフの方にお礼を伝えてください。」

    と。

     その方の,本フォーラムの参加目的は

    「木村泰子先生と話したい。」

    でした。どうしても木村先生に伝えたい,聞いてもらいたいことがあったのでしょう。

     でも,木村先生がどこにいるのか,分からなかったのかもしれません。うまく話しかけるタイミングが見付けられなかったのかもしれません。

     なんとなく,「どうしていいかわからない,困った」そんなような「雰囲気」

    を,その「赤いポロシャツ」のスタッフは感じたのでしょう。だから,声を掛けた。そういうことだと思います。

     その結果,その方は木村先生と話せた,ということ。


     『学び合い』を体現する,その「赤いポロシャツ」の彼。

     うん,結局は,『学び合い』ってそういう,目に見えにくい,ちょっとしたことの集まりなんだよね。

     だから,『学び合い』をする,とか,していない,とかそういう問題じゃあないんだと思う。

     

    じゃ,またね

    00:06

    フォーラム終了。

     後片付けも,一段落付き,いただいたお菓子を食べながらのながらの,ぼくらのサークルタイム。

     参加者の皆さんに書いていただいた感想を,回し読みしながらおしゃべり。

     

     みんな

    「疲れたね~」

    といいながらも,なんかうれしそう。


     ハイタッチ。

     スタッフによっては役割上,満足に分科会やフリートークに参加できなかったけれど。このフォーラムに向けての1年間が,フォーラムの2日間がそもそも,『学び合い』を体験的に学ぶ場になっていたんだなあ,と感じる。

    「じゃ,またね」

    といって帰るのも,ちょっと寂しい。

     いい「プロジェクト」ができた,ということでしょう。

     

    daitouirukadaitouiruka2016/08/22 07:58スタッフの方々のチームワークのよさが伝わってきました。
    事前を含めた情報発信等の細かなお心遣いもうれしかったです。
    本当にありがとうございました。
    …そして、もうひとつ面倒なお仕事を増やしてしまいました。
    すみません。
    m(__)m

    motoryoumotoryou2016/08/22 22:011年間の「チームビルディング」の成果ですかね。ここまでには,もちろんストーミングぼ時期もありました。1年間が『学び合い』の場でしたね。私たちにとっては1年間の「フォーラム」今,「フォーラム」ロスだそうです。笑

     あっちのほうは,お気になさらずに~(^^)