次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2016-08-17残念

    私が『学び合い』を本格的にスターとさせた時西側お世話になった教頭先生の訃報が携帯のメールに届いた。


    本当にびっくりした。病気を患っていらっしゃることは知ってはいた。それで、定年までに1年を残しご退職されていた。この春には、その教頭先生と当時の同僚の先生と一緒に食事会をし、4時間以上もおしゃべりをしていたのに。

    この教頭先生には本当にお世話になった。『学び合い』をスタートさせた当時、さまざまなことから私を最後まで守ってくれていた。

    「私もずっと一斉指導でやってきたから、あんたがやろうとしていることが、なんだかわからないところもあるんだ。でも、あんたの思いは信頼できるできる。」

    と言って、当時の私の不備の多い『学び合い』を認め、そのまま続けさせてくれた。きっと私には伝えていないことでも守ってくれたに違いない。

    転任されてからも、時々ファミレスであって深夜まで学校や子どもたちのことを話したことも思い出す。本当に熱い教頭先生だった。


    あの教頭先生がいたから、私はいまも初心を貫けていると思う。

    訃報を知ったのが、

    「授業のユニバーサルデザインと合理的配慮」に関する出張中。そして、お通夜は『学び合い』フォーラムの前日。

    フォーラムの準備をを済ませて、ご挨拶に伺うことになる。

    本当に残念である。

    「おかげさまで、いまもやれています、ありがとうございました。」

    と伝えたい。