次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2016-07-24

    「見えないことにする」「気付かないことにする」

    12:33

     先日の,職員室の会話。

    「いやあ,びっくりしてさあ,なんかチロチロと動いたなあ,と思ったらねずみでさあ・・・」

    「すごい小さいんだけど,びっくりした~」

    なんて話。

     こちらは「地方」なもので,そんなこともあります。

     その話から,しばらくねずみの話。いわむらかずおさんの「14ひきのねずみ」の絵本の話もしたりと楽しくおしゃべり。そんな話もしながらふと思い出したのは,東京池袋の夜のできごと。

     去年?だったか,池袋で仲間で集まってちょっと飲む機会がありました。それが終わって2次会に向かう途中,その繁華街を歩いていたんですが道ばたに,けっこうでかいネズミ。子猫くらいはあるんじゃないか?という大きさ。ネズミを見慣れない私ですから,びっくりして

    (あ,あ,あそこにネズミ!)

    って思ったのですが,でも不思議なことに,そのネズミの側を(そんなに近くではないにしろ)たくさんの人が歩いているんです。その人たちは,そのネズミに全く気がついていなかのように,普通に歩いています。

    (え?気がついていないの??)

    と思いました。それくらい,誰一人としてネズミに反応しないんです。

    (見えていないのか??)

    と思うくらい。でも,絶対に一人くらいは気付いているだろう,と思われます。気付いていないことにする,そんな感じでした。


    「見えないことにする」「気付かないことにする」・・・

     かかわりたくないとき,どうしようもないとき,どうしていいか分からないとき,そんな時にそういう反応をしてしまうことってあるなあ。それはある面,自己防衛のためでもあったりすることも。

     自分とは,全く無関係であるならそういう選択もあるのかもしれません。しかし,大概のことは自分と全く無関係なことはありませんし,それどころかほぼ全て(今すぐにではなくても)自分に関係があること。となると「見えないことにする」「気付かないことにする」のは得策ではない,ですよね・・。だからといって,全てに自分がかかわれる訳ではないし。

     一人で何でもできるわけではありません。でも自分とのかかわりを感じて,何でもいいからできることを,ワンアクションでもいいからを起こしてみることだろうなあ,と思いました。そこから何かかが変わるかもしれませんから。少なくとも「見えないことにする」「気付かないことにする」,そうしている自分に気がつくことは最低必要なことだなあ。