次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2016-02-10

    なんだかうれしい

    23:29

     毎朝早めに体育館を開け,子どもたちがくるのを待ちます。

     縄跳び大会が近づく1月下旬からの毎日のこと。

     登校してきた子どもたちから順に,体育館に集まってきて,思い思いに練習をスタートさせます。

     

     そういうことを繰り返しての,今日の」「縄跳び大会」。

    上級生や下級生,保護者の皆さんに応援してもらっての今日。


     大会後は,クラスで「オープンクエスチョン」を使いながらミニホワイトボードを使ってのペアトーク。そこからの「振り返りジャーナル」

     自分ががんばったことを友達に聞いてもらい,共感してもらえるってうれしいんだろうなあ。できなかった技ができるようになったことも,たくさん跳べるようになったことも,最後までやりきれたことも,うれしいんだろうけど,友達にそれを話して聞いてもらったってことがなんともいいんじゃないないのかなあ,と子どもたちの書いたジャーナルを読みながら感じました。

     5時間目,ちょっと課題が早く終わった子が,

    「縄跳びしてきていい?」

    って聞くから

    「練習したいの?いいよ。」

    っていったら,ほとんど全員が外にでて練習を始めていました。大会は終わったんですけどね。

     教室の窓から,外で縄跳びに興じる子どもたちを見ながら,なんだかその姿がうれしい今日でした。