次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2015-12-31

    やれることを続けるだけ

    22:19

     地元の研究サークル「あすみの会」は,何でもサークルです。教科にも縛られず,手法にも縛られません。とにかく,みんなで実践を持ち寄って検討する,そのことだけを大切にしてきたサークルです。毎月1回の例会は,すでに300回を超えています。

     もちろん,わたしは途中からの参加ですから,300回参加してきた訳ではありません。サークルを立ち上げた先輩に声をかけていただき,200回を迎える前あたりから事務局として参加させていただきました。

    「なんでもサークルであることに,意味があるんだ。」

    とその先輩はよく語っていました。また

    「その月の内容や,だれが報告するかで参加するかどうかを決めてはだめだ。参加し続けることでしか分からないことがある。」

     今,思い出せば本当に意味深いと思います。その先輩は,先の震災で命を落としました。私たちにとって本当に大切な方だったのに。

     震災後,様々な方がこの地域に支援に入ってくださいました。本当にたくさんの方々に。それは今も続いています。だからこそ,私たちは,もとに戻すのではなく,震災前よりも前に進んでいくことが大切。必然。


     何でもサークルであること。子どもや学校に関わるすべての方が,対話を重ね,それこそ「一人も見捨てない」を共通認識に,一緒にやっていくこと。それがこの先のきょうしつ,学校,地域,そしてさらに先につながっていくだろうなあ,だから続けないと,と思います。

     自分にできることは本当にごく一部だから,いろんな場をつくることを考えます。教室での活動も,学校内も,学校と外部団体も,いろんな方々が出会う場面も。そうすればどこかで何か歯車が動き出かもしれません。

     やれることをやれるように続けていくことを来年も,です。